記事

共謀罪法案の強行採決を受け、4野党(民進、共産、自由、社民)が衆院議長に申し入れ

議長申入れ

民進、共産、自由、社民の野党4党の国会対策委員長は19日、与党が共謀罪法案(組織犯罪処罰法改正案)の採決を強行したことを受けて、野党国対委員長会談を開いたのち大島衆院議長に申し入れを行い、その後記者団からの取材に応じた。

山井和則国会対策委員長は、大島議長へ申し入れしたこととして(1)共謀罪法案を委員会に差し戻し審議をあらためて行うこと(2)学校法人加計学園や森友学園をめぐる問題などに関する安倍総理の説明責任を果たすため、早急に予算委員会の集中審議を開くこと――の2点をあげた。

山井国対委員長は、「今は国会、立法府の危機である。そのような思いでしっかりとこの立法府を立て直していただきたい」などと大島議長に要請したと語った。これに対して大島議長が、「今回の採決そして、本会議に上程するかどうかについては議運の場で今後協議してもらうことになる」と回答があったことを山井国対委員長は明らかにした。

共謀罪法案について山井国対委員長は、「法案の目的としてテロ対策は含まれるのかという質問に、最後まで金田大臣はテロ対策が立法事実、目的に含まれるという答弁はしなかった」「30時間審議して、最初から言っていた、テロ対策が目的であるということは崩れている」と指摘。法案の内容に疑問が残ったまま採決されたことに、「今日まで私たちが守り築いてきた自由な民主主義社会を根底から崩して監視社会を作るかもしれない。そんな危険な法案が審議不十分の中、こんな形で採決されたのは断じて許すわけにいかない」と強く訴えた。

野党国対委員長会談

野党国対委員長会談

民進党広報局

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  3. 3

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  4. 4

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  5. 5

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

  7. 7

    スルガ銀行転落 頭取の行く末は

    文春オンライン

  8. 8

    福田次官vs産経 疑惑めぐる攻防

    文春オンライン

  9. 9

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    高須院長 セクハラより拉致問題

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。