記事

男性なら知っておくべき! 女性がお食事デートに求める「最低限押さえておくべきエスコート術」9選

1/2
男性なら知っておくべき! 女性がお食事デートに求める「最低限押さえておくべきエスコート術」9選
Summary
1.女性秘書220名に聞いた、「最低限押さえておくべきエスコート術」
2.上座・ソファー席は女性専用!?
3.店の看板メニューを頭に入れておくとポイントアップ

女性が男性に求めるのは、スマートな「気遣い力」

女性と食事デートをする機会があれば、男性なら誰しもが、相手の女性に好印象を与えたいもの。その印象を大きく左右するのが、気遣いを見せるための「エスコート術」。そこには優しさや先読み力、視野の広さなど、男性としての魅力をアピールするためのチャンスが詰まっている。

エスコートや気遣いは「育ち」や「経験値」で差が出る部分でもあるが、女性が目を光らせるポイントを確実に押さえておけば、「気遣いのできる人」と印象づけることはできる。逆を言えば、そのポイントをハズしてしまうと女性からの評価は下がる。
厳しいようだが、「気遣いができる・できない」に関しては相対評価なのだ……。

そこで今回は、男性を見る目がシビアな女性を代表して、マナーのプロであり恋愛経験も豊富な女性秘書220名にアンケート! 男としての評価を下げないための「最低限押さえておくべき、デート中のエスコート術」を教わった。
自分の気遣いレベルは女性を満足させられているのか。すぐさま確認しておく必要がありそうだ。

■女性が男性に求める「最低限押さえておくべきエスコート術」はこれだ!

1.レストランの予約を事前に済ませておく
2.お店を決めたら、事前に女性に伝える
3.駅からお店まで、迷わず案内する
4.ドアの開け閉めのエスコートは基本中の基本
5.上座やソファー席は女性に譲る
6.お店の看板メニューを事前にチェックしておく
7.会計は、女性が化粧室に行っている間に済ませる
8.行き帰りの歩くペースは、女性に合わせる
9.別れ際は、女性が見えなくなるまで見送る



1.レストランの予約を事前に済ませておく

今回のアンケートでもっとも多かった回答が、レストランの「予約」について。当日になってからお店選びに迷ったり、いざ行ったお店が満席で慌ててしまったり…。そんな男性に対し、女性はかなり幻滅する。

「お店は必ず予約してほしい。空いているお店を探してあちこちお店をたらい回しにされるのは、紳士度もテンションも下がります。(30代/金融・証券・保険業秘書)」

「どうしてもこちらが決めたい場合以外は、そもそもお店選びは男性にお願いしたい。そして、必ず予約を取っておいてほしい。たまに、当日会ってからどこに行くか考えだす人がいて、そういう人に限ってあまりお店を知らずに、うろうろするハメになる。(30代/商社秘書)」

さらに事前にリクエストを聞いてほしいという意見も。

「お店を決める前に好き嫌い、行きたい店があるかどうかを聞いてほしい。意見を聞いた上で予約は必ずしてほしい。予約をされていないと、この程度だったのか…と思ってしまう。(30代/製造業秘書)」

主導権を握りながらも、きちんと女性の意見も聞く姿勢を見せる。お店の場所は「女性が帰宅しやすいエリア」を選ぶなど、女性の立場と気持ちを考えたスマートなリードを心がけたい。



2.お店を決めたら、事前に女性に伝える

女性にとって、お店のシチュエーションは、「服装選び」の判断材料になる。そのため、お店が決まったら女性への連絡を忘れずに。特に、ドレスコードがある場合や、靴を脱ぐ、煙で臭いがつきやすい、などの補足情報を合わせて伝えれば、気配り上手な男を印象づけることができる。

「ドレスコードもあるので、事前に必ずお店は伝えてほしい。夏にゆるい服装とサンダルでデートに向かうと高級店を予約していて、洋服を買って着替えることになった。(20代/商社秘書)」

「お店を決めていただく場合、当日サプライズだと困ることが多い。お店の雰囲気とか、席が椅子なのか? 座敷なのか? によって、服装を決めたいので前もって教えてほしいです。(40代/製造業秘書)」

「予約済みでも事前に“こういうお店を予約したけれど、どうかな?”と、相手の気持ちをうかがうようなコメントがあったり、“この店はこれがおいしいんだよ”なんてオススメポイントを教えてくれると、なおうれしいです。(30代/製造業秘書)」。

事前に店の情報を知らせることで、ワクワク感もアップ。ただ「店はここに決まりました」と知らせるだけでなく、“デートが待ち遠しい!”と思わせるような予備知識も伝えつつ、女性のモチベーションを上げておこう。



3.駅からお店まで、迷わず案内する

待ち合わせでは時間厳守が最低限のマナー。さらに、集合場所も現地ではなく最寄り駅にして、女性を店まで案内すれば優しさもアピールできる。

「隠れ家的なお店を選んでいただくのは嬉しいのですが、方向音痴なので、駅から遠かったり、わかりにくい場所にあるお店は、たどり着くまでが大変…。現地集合ではなく、“駅から一緒に行こう”といって、お店までご一緒してくださるとうれしいです。(30代/不動産業秘書)」

「待ち合わせは、店ではなく、別な場所で(最寄駅など)。お店に行くまでに、そのお店を選んだ理由などの話を聞かせてほしい。気分も上がるし。(30代/サービス業秘書)」

このほか、天気の悪い日や、暑い日、寒い日などは屋外集合にしない配慮も必要。女性がハイヒールを履いていている場合は、お店までの距離があるようならタクシーに乗るくらいの気遣いも見せてほしい。「女性は自分(男性)のために、オシャレをしてきている」、その大前提を忘れてはいけない。



4.ドアの開け閉めのエスコートは基本中の基本

「ドアを開け、先に女性を通してほしい、これは男性の振る舞いの基本だと思う。(30代/運輸業秘書)」

「入店の際は、レディーファースト。予約名など伝える時に前に出るのはいいが、席に着くまでは、先を歩かせる。退店時も同様。席を立ち、出口に向かうまでは、女性を先頭に。(30代/サービス業秘書)

「ドアを開けてくれる、車道側を歩く、エスカレーターで下に立つなど危険から守ってくれる。さりげなくレディーファーストを実践できる人はかっこいい。(40代/製造業秘書)」

日本の男性はテレてしまってなかなかできない行為かもしれないが、女性はそんな紳士的な振る舞いに案外グッとくるもの。ただ、それは「スマートであること」が前提。ぎこちないエスコートにならないよう、普段から“レディーファースト”の精神で行動を。



5.上座やソファー席は女性に譲る

「座る席をわかってない人はありえない。女性が奥、景色がよい席は常識。(30代/医療・社会保険・福祉秘書)」

「席は上座が当然。店の造りや景色の方向などで、女性をどこに座らせたらいいか分からないなら下調べをしておいてほしい。それか、その場ででもスタッフさんに素直に聞いてほしい。”女性はどちらがいいでしょうね?”とかさりげなく。(40代/サービス業秘書)」

「お店の席は、上座を女性にしてほしいです。以前、レストランでカップルが食事している際に、逆の座り方をしているカップルがいました。比較的カジュアルなレストランではあったものの、そういう気遣いがまったくない男性は、どうかと思います。私がその女性だったら、恥ずかしいです。(40代/商社秘書)」

座り心地のよいソファー席や、景色がよく見える席は、女性にゆずるのが常識。この配慮がないだけで、女性のテンションは半減してしまうので、着席の瞬間はぬかりなく。



あわせて読みたい

「デート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  2. 2

    任天堂Switchは品薄商法ではない

    赤木智弘

  3. 3

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  4. 4

    政府不信の割に行動しない日本人

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    少子高齢化で進む中年ひきこもり

    田中俊英

  6. 6

    Amazonの安物ブランド販売に冷笑

    広瀬隆雄

  7. 7

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  8. 8

    貧困を生む扶養義務の強化に反対

    大西連

  9. 9

    社交界のプリンス 講演の実績も

    キャリコネニュース

  10. 10

    訪日客増加も旅行社が低調のワケ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。