記事

2016年:米国の電力事情(原子力・再エネ) 〜 原子力と水力は安定、再エネはまだまだこれから・・・

 先のブログ記事の続きで、先月27日の米国EIA(Energy Information Administration;エネルギー情報局)の発表によると、2016年現在、全米61ヶ所の原子力発電所での計99基の原子炉が運用されており、稼働年数は平均で37年とのこと。

  また、2016年に竣工した Watts Bar 2 は1996年以来初の新設原子炉で、現在建設中の原子炉は4基。原子力発電は、発電設備容量では全体の9%を占めるに過ぎないが、発電電力量では全体の20%を占めている。

  米国の原子力発電所は、原子力規制委員会(NRC(Nuclear Regulatory Commission)によって最初の「40年」の運転期間を認可されているが、その有効期限を「20年」延長する認可の申請をすることもできる。その申請に係る認可の可否は、延長する運転期間や将来の収入拡大に要する投資の経済性を踏まえて決定される。NRCは2016年現在、稼働中の原子炉99基のうち84基の「20年」の延長に係る認可をしている。

 米国の原子力発電所は最近5年間、平均90%という他電源に比べても高い稼働率で稼働してきた。原子力発電所は、殆どの稼働時間でのフル稼働するので、ベースロード電源として機能している。

原文より抜粋》
As of 2016, the United States had 99 operating nuclear reactors at 61 plants across the country, with a capacity-weighted average age of 37 years. The oldest operating nuclear reactor in the United States was built in 1969. Watts Bar 2, which entered commercial service in 2016, was the first new reactor added since 1996. An additional four reactors are currently under construction. Operation of nuclear plants at high capacity factors enabled them to contribute nearly 20% of total U.S. electricity generation in 2016 while only making up 9% of U.S. generation capacity.

U.S. nuclear plants are licensed for an initial operating life of 40 years by the Nuclear Regulatory Commission (NRC). Owners of nuclear power plants can apply for a license renewal, extending license expiration by 20 years. The decision to apply for a renewal is based on the economics of the capital investments required to extend the operating lifetime and estimated future revenues. As of 2016, the NRC had granted license renewals to 84 of the 99 operating reactors in the United States.

Nuclear plants have higher capacity factors than any other electricity generating technology, averaging 90% over the past five years. Because nuclear plants run near full capacity for much of the time they are operating, they serve as baseload generation. 

57
2017.4.27 EIA “Most U.S. nuclear power plants were built between 1970 and 1990”

09
2017.4.27 EIA “Most U.S. nuclear power plants were built between 1970 and 1990”


 次に、先々月13日のEIAの発表によると、米国の水力発電所(従来型)は2016年で、発電設備容量が全体の7%、発電電力量が全体の6〜7%程度。米国の水力発電所の99%は1930年以前に建設されたもので、その発電電力量は2014年までは他の再生可能エネルギー発電量を合計した発電量を上回っていた。

  毎年の水力発電電力量は、ダムや川での利用可能な水量によって異なる。多くの貯水槽は、魚の移動だけでなく、灌漑用、地方行政用、産業用その他の競合する水需要と調整しながら運用されなければならない。その結果、水力発電所の稼働率は30〜40%と、フル稼働しているわけではない。

原文より抜粋》
Conventional hydroelectric generators account for 7% of the operating electricity generating capacity in the United States and about 6% to 7% of U.S. electricity generation each year. Hydropower plants account for 99% of all currently operating capacity built before 1930. Until 2014, hydroelectricity exceeded the electricity produced by all other renewable sources combined.

The amount of power generated each year from the nation’s hydroelectric facilities varies by the water available in dams and rivers. Many reservoirs must balance power output with competing water demand for irrigation, municipal, industrial, and other needs, as well as concerns with fish migration. As a result, hydroelectric facilities often do not run at full output. U.S. hydroelectric capacity factors, which measure actual output as a percent of total capacity, average between 30% and 40%.

12
2017.3.13 EIA “Hydroelectric generators are among the United States’ oldest power plants”

23
2017.3.13 EIA “Hydroelectric generators are among the United States’ oldest power plants”


  最後に、再エネ(風力・太陽光)については、今月2日のEIAの発表今月4日のEIAの発表によれば、概ね以下の①・②の通り。

①米国の風力発電所は2016年で、発電設備容量が全体の8%で、発電電力量が全体の5%となっている。稼働率は、季節や地理的事情で変化し、平均で25%〜40%程度である。

17
2017.5.2 EIA “Wind turbines provide 8% of U.S. generating capacity, more than any other renewable source”

27

2017.5.2 EIA “Wind turbines provide 8% of U.S. generating capacity, more than any other renewable source”

②1MW以上の太陽光発電所は2016年で、発電設備容量が全体の2%、発電電力量が全体の0.9%となっている。稼働率は、平均で10〜30%程度である。

35
2017.5.4 EIA “Utility-scale solar has grown rapidly over the past five years”

43
2017.5.4 EIA “Utility-scale solar has grown rapidly over the past five years”


 以上のことからもわかることだが、米国でも原子力と水力はほぼ横這いだが、風力と太陽光は伸びが著しい。

 風力と太陽光を今後一層拡大していくに当たっての大きな課題は、稼働率(設備利用率)をいかに向上させていくかである。その点では、原子力と水力は安定しているが、風力と太陽光はまだまだこれからだ。

あわせて読みたい

「再生可能エネルギー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  2. 2

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  5. 5

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  7. 7

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

  8. 8

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  9. 9

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  10. 10

    都政は放置? 小池氏が希望顧問に

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。