記事

【魔女狩り】

ワシントンで日々、新たな動きがあってトランプ大統領による不確実性(Trumpian uncertainty)がますます高まっています。

トランプ大統領は18日には、「魔女狩りにあっている」とツイッターで訴えています。
大統領が根拠を示していないと批判するWashington PostやNew York Timesに対して、Wall Street Journalは

トランプにはトランプらしくさせてやれ(Let Trump be Trump)
と報じています。

Washington Postは、

Trump claims to be victim of "witch hunt" following appointment of special counsel in Russia case (トランプ、ロシアとの関係を解明するため特別検察官の任命を受けて"魔女狩り"の犠牲者だと主張
と報道しています。

この中で、特別検察官が任命された翌日、現地時間の午前8時にツイッターで 「アメリカの歴史上、政治家を対象とした最大の魔女狩りだ!(This is the single greatest witch hunt of a politician in American history!)」とつぶやきました。

あわせて、根拠を示さないまま、クリントン元国務長官やオバマ前大統領が「非合法行為に関与した」などと批判しています。

アメリカ司法省は17日、去年の大統領選挙でロシアによる関与があったとされる問題でトランプ陣営がかかわっていたかどうかを解明するため、FBIのモラー元長官を特別検察官に任命しました。

発表の直後の大統領の様子について、ホワイトハウスの高官は「信じられないほど冷静で慎重だった」ということです。

実際、大統領声明も冷静で「捜査の結果、これまで私が繰り返し主張していることが明らかになるだろう。私の陣営と外国との間で共謀はない」と述べました。

New York TimesのTrump Calls Himself the Victim of a "Witch Hunt" (トランプ、自らを"魔女狩り"の犠牲者と呼ぶ)で、ツイッターの内容が冷静だった前日の声明の反応と大きく異なると報じています。

ホワイトハウス高官によると、特別検察官の任命にどう反応するかは政権内で議論となったということです。

また、トランプ大統領が"魔女狩り"という言葉を使うのは初めてではなく、1月の大統領就任前のインタビューでも、ロシアのサイバー攻撃がアメリカの大統領選挙の結果を左右したという批判は、敗北を受け入れられないクリントン陣営側の魔女狩りだと強調ました。

さらに、17日に行った卒業式での演説で大統領は、用意された文章から脱線して、「私ほど不当な扱いを受けた大統領はいまだかつていない」と述べました。

具体的には「これから不当な扱いを受けることもあるだろう。私がとりわけメディアから受けた扱いを見てくれ。自信を持って言えるが、私以上にひどく、不当な扱いを受けた政治家はいない」と述べたそうです。

一方、Wall Street JournalはLet Trump Be Trumpとして、

「トランプに投票してきた地方の人たちはFBI長官の解任劇もロシアとトランプの関係も、ホワイトハウスの人事刷新のうわさも大統領のツイートの嵐(tweetstorm)も気にしていないことが世論調査から読み取れる」
と伝えています。

彼らが関心を持っているのは、経済、医療保険、税、教育であり、トランプ大統領にしか期待できないため、相当なことでも我慢するといいます。

しかし、

「トランプ支持者もワシントンの劇場型の動きを過小評価してはならない。決して前座の出し物ではなく、大統領も支持者も貶めることができる(Tromp voters, however, should not underestimate the dangers of the current Washington circus. It isn’t a sideshow. It could pull down him and them)」
といいます。

今やるべきことは、トランプがトランプらしく振舞うことで、広報官などの中間業者を取り除くことだとしています。
大統領がみずからの広報官を務め、一挙手一投足を世界に向けて生中継したらよいというのです。そして、何か問題があればWikipediaのように情報を更新すればよい、と。

「トランプを定義づけるのは非連続性であり、それは変わらない。しかし、リアルタイムであれば事実関係、政策、意図は速やかに修正でき、現在の致命的な失敗を緩和できる(Discontinuity defines the Trump personality, and this won’t change. But if it’s all passing through him in real time, then corrections of facts, policy or intent can come earlier and reduce the current period of radioactive fallout)」
と結んでいます。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  6. 6

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  7. 7

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  8. 8

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  9. 9

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  10. 10

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。