記事

トランプ氏がロシア疑惑全否定、特別検察官設置は「魔女狩り」

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日の記者会見で、2016年の大統領選挙キャンペーン中にロシアと共謀したとの疑惑やコミー前連邦捜査局(FBI)長官にフリン前大統領補佐官の捜査を中止するよう圧力をかけたとの報道について、全面的に否定した。

会見では、今月9日に解任したコミー氏に対し、フリン氏の捜査を止めさせるべく「何らかの形で少しでも」働き掛けを行ったかと記者団が質問。大統領は「ノー、ノー」と答え、次の質問を促した。

弾劾を求める動きが出ていることについては、ツイートやその後の記者会見で、「全くばかげている」と表現。刑事責任を追及されるようなことは何もしていないと強調した。

また、「すべてのことが魔女狩りであり、私や私の陣営に(ロシアとの)共謀の事実はない。だが、私自身、いつでもロシア人と話すことは可能だ」と述べた。

ロシアとトランプ陣営の癒着の疑いが深まる中、米司法省は前日、議会からの圧力を受けてモラー元連邦捜査局(FBI)長官を特別検察官に任命。トランプ大統領はその後、「徹底調査により、私の陣営といかなる外国との間にも共謀がなかったとの既知の事実を確認することになる」と、歓迎する声明を発表していた。

<「米国史上最大の魔女狩り」>

だが大統領は翌朝のツイッターでの投稿で「クリントン元国務長官の陣営やオバマ前政権で違法な行為が行われたにもかかわらず、特別検察官は任命されたなかった!」とし、不満をあらわにする一方で、検察官「counsel」の綴りを「councel」と間違えた。

その上で「これは米国史上、最大の魔女狩りだ!」と批判した。

トランプ米大統領は前日にも、米国沿岸警備隊士官学校の卒業式での演説で、「私ほどひどく、不公平な扱いを受けた政治家は歴史上いない」などとして、メディア批判を展開していた。

トランプ氏はその後ホワイトハウスで記者団に対し、トランプ陣営との癒着の可能性を巡る独立捜査を指揮する特別検察官にモラー元FBI長官が任命されたことで「米国が分断され、統合されていない国であることが示された」とし、「非常にネガティブ」なことだったと述べた。

ローゼンスタイン司法副長官はこの日、上院議員に対するブリーフィングを行った。公の場での発言はなかったが、共和党のリンジー・グラハム上院議員は、ローゼンスタイン氏は「刑事捜査もあり得ることを念頭に置いて今回の調査を取り扱う必要ががある」と述べたとしている。

<選挙期間中に18回接触>

一方、昨年11月の米大統領選挙までの7カ月間に、フリン前大統領補佐官などのトランプ陣営が少なくとも18回、電話や電子メールでロシア政府関係者やロシア大統領府に関係がある人物と接触していたことを、現米政府関係者や政府OBが明らかにした。

現政府関係者とOBの3人によると、そのうち6回は、フリン氏を含むトランプ氏のアドバイザーとロシアのキスリャク駐米大使による電話だという。

現政府関係者4人は、フリン氏とキスリャク氏の会話が昨年11月8日の大統領選の後に増加したと明らかにした。両氏は、米国家安全保障当局の手続きを通さずにトランプ氏とロシアのプーチン大統領が連絡を取る手段の設置について協議したという。

トランプ大統領就任後のホワイトハウスは1月、選挙戦中のロシア側との接触を否定。その後、ホワイトハウスとアドバイザーらは、選挙戦中にキスリャク大使とアドバイザーが4回面会したと明らかにした。

トランプ大統領就任後のホワイトハウスは1月、選挙戦中のロシア側との接触を否定。その後、ホワイトハウスとアドバイザーらは、選挙戦中にキスリャク大使とアドバイザーが4回面会したと明らかにした。

こうした接触についてロイターに明らかにした関係者は、トランプ陣営とロシアによる不正行為や共謀を示す証拠はこれまで確認していないと述べた。ただ、一連の接触が明らかになったことにより、トランプ大統領と側近に対し、ロシア側とのやり取りに関する詳細な説明を行う圧力が高まる可能性がある。

ホワイトハウスはコメントの要請に応じていない。フリン氏の弁護人とロシア外務省当局者はコメントを控えた。

*誤字を修正しました。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  5. 5

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  6. 6

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  8. 8

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  9. 9

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  10. 10

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。