記事

仏下院選、マクロン氏政党の過半数確保の可能性高まる=世論調査

[パリ 18日 ロイター] - 複数の世論調査によると、6月に実施されるフランスの国民議会(下院、定数577)選挙では、マクロン大統領が率いる新政党「共和国前進(REM)」の過半数確保の可能性が高まっている。

マクロン大統領の新政党は現在議席を持っておらず、政策を実行するため、過半数確保を目指している。

オピニオンウェイ/ORPIの世論調査によると、6月11日に行われる下院選第1回投票では、REMの得票率が27%で、トップとなる見通し。

6月18日の第2回投票では、REMが仏本土の535議席中280─300議席を獲得する見通し。過半数確保には、海外選挙区も含めた全577議席で289議席が必要。

18日に公表されたハリス・インタラクティブの世論調査によると、第1回投票でREMに投票すると回答した人は全体の32%となり、5月11日と7日に行われた調査からそれぞれ3ポイントと6ポイント上昇した。

ただ、別の世論調査では、マクロン大統領の支持率は45%と、大統領就任後の支持率としては約20年ぶり低水準となっている。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  3. 3

    6月の米朝首脳会談中止を発表

    ロイター

  4. 4

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  5. 5

    日大は雪印逆ギレ会見の二の舞か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  7. 7

    橋下氏「弁護士会も日大も同じ」

    橋下徹

  8. 8

    日大アメフト 元凶はカルト指導

    大西宏

  9. 9

    MJのありえない動きを医者が解説

    BBCニュース

  10. 10

    堀江氏 中高教育の9割は意味ない

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。