記事

仏下院選、マクロン氏政党の過半数確保の可能性高まる=世論調査

[パリ 18日 ロイター] - 複数の世論調査によると、6月に実施されるフランスの国民議会(下院、定数577)選挙では、マクロン大統領が率いる新政党「共和国前進(REM)」の過半数確保の可能性が高まっている。

マクロン大統領の新政党は現在議席を持っておらず、政策を実行するため、過半数確保を目指している。

オピニオンウェイ/ORPIの世論調査によると、6月11日に行われる下院選第1回投票では、REMの得票率が27%で、トップとなる見通し。

6月18日の第2回投票では、REMが仏本土の535議席中280─300議席を獲得する見通し。過半数確保には、海外選挙区も含めた全577議席で289議席が必要。

18日に公表されたハリス・インタラクティブの世論調査によると、第1回投票でREMに投票すると回答した人は全体の32%となり、5月11日と7日に行われた調査からそれぞれ3ポイントと6ポイント上昇した。

ただ、別の世論調査では、マクロン大統領の支持率は45%と、大統領就任後の支持率としては約20年ぶり低水準となっている。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  4. 4

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  10. 10

    詩織氏「性暴力は醜い人権侵害」

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。