記事

ホームレス経験者がガイドを務める「社会派街歩きツアー」が人気上昇中!スイス「サプライズ」誌が開催したツアーガイドのためのドイツ視察旅をレポート

1/2
「旅は視野を広げてくれる。」
これは、スイスのストリートペーパー「サプライズ」誌のツアーガイドらが、ドイツで同様の活動する仲間たちと会って体感したことだ。今回のドイツ視察の旅をへて、ホームレス経験者がガイドを務める街歩きツアーという新たな職種の可能性が見えてきたと、ツアーに同行した編集者クリスチャン・バチェールは報告する。


ドイツ視察ツアー1日目はケルンから。 長年のホームレス経験を活かしツアーガイドとして活躍するリンダ

ケルン大聖堂から100メートルほどのところにある「ローマ・ゲルマン博物館」。その正面にある石棺(せっかん)は、何年も前から太い鉄くぎで囲われている。ホームレス状態の人々が中で寝ないようにするためだ。この街で生まれ、路上生活の長かったリンダは、鉄くぎが設置された時のことを今でもよく覚えている。

リンダはドイツで最も歴史のあるケルンのストリートペーパー「Cologne Draussenseiter」誌の販売者だ。2年前から、「Bürger and Berber*」のツアーガイドとして、郷土史家マルティン・スタンコウスキーのサポートを受けながらツアーを開催している。ツアーの企画を担当するのは、ストリートペーパー発行元のホームレス支援団体「Oase」で、ツアーからの収益は団体に入り、リンダにも小額の報酬が入る仕組みだ。

* Bürger and Berber : Bürgerは「市民」を意味する。Berberは北アフリカの遊牧民にちなんでライン地方のホームレスの人々が自らをこう呼ぶ。

今日、リンダは視察ツアーの参加者 - バーゼル、チューリッヒ、デュッセルドルフからやってきたツアーガイドら-とともに大聖堂のそばにいる。参加者の全員がそれぞれの街で同じような街歩きツアーを開催しているガイドたちだ。

今回の視察ツアーを企画したのは、スイスのストリートペーパー「サプライズ」の副代表シビル・ローターと彼女のチームメンバーだ。

「サプライズ」はストリートペーパー発行の他、バーゼルとチューリッヒで「社会派街歩きツアー」を主催している。まもなくベルンでも開催予定で、今回は、各地のガイドたちの研修と交流を兼ねたドイツへの視察ツアーを企画したのだ。

SUR_Homeless city tours guides share experiences 1
Credit: Hanna Witte & Jennifer Braun

経験豊かなツアーガイドたちはわたしのガイドに退屈しないだろうか、そんなリンダの心配は杞憂に終わった。参加者らは彼女のひと言ひと言に熱心に耳を傾け、感心していた。リンダは長年、毛布や寝袋も持たずに自分の祖母の墓を寝ぐらとしていた。飢餓状態で衰弱していたところをカトリック女性支援団体に保護され、なんとか健康を取り戻した過去がある。
ストリートペーパー・プロジェクトや私を信じてくれる人たちの存在がなければ、私が今日ここに立っていることもなかったでしょう。
ケルン街歩きツアーは不定期で申し込みに応じて開催しているのだが、リンダにはこの活動を通じて実現させたいことがある。それは、一般の人たちが路上でホームレスの人たちを見ても目を背けなくなること。
ささやかだけれど、私なりのやり方で、政治的であろうとしてるのよ。


視察ツアー2日目はデュッセルドルフへ。それぞれに工夫をこらすガイドたち

ツアー2日目、私たちはデュッセルドルフ中心部から約40キロ北のとある街を訪れた。貧富の格差が拡大しているのはここも例外ではない。住民の半数が住宅補助の受給資格者で、ホームレス状態の人の数も登録されているだけで約1,000人、実際の数はもっと多いそうだ。

この地域で社会の底辺に追いやられた人々を支援する「FiftyFifty」という団体がある。ドイツ有数の高級ショッピング街「ケーニヒスアレー通り」から徒歩20分のところに事務所を構えるこの団体は、同名のストリートペーパーを発行する他、カウンセリング、路上プロジェクトなどの実施、運営するギャラリーではアート作品の販売を通じて活動資金としている。

3年前、新たな活動の柱として「社会派街歩きツアー」を始めた。ツアーは2人1組のチームで運営される。その中の1チーム、唯一の女性コンビがミリヤムとサンドラだ。2人のツアーでは、この街でホームレスであることがどういうことかを、女性ならではの視点から、わかりやすく説明する。今回の視察ツアーには、スイスの仲間たちと交流したくて参加を決めた。
われわれツアーガイドは、拠点は違えど状況は似ている。大勢の参加者の前で堂々と、全員が理解できるよう話さなきゃいけない。思っているよりずっと大変な仕事よ。
そう話すサンドラは、ガイドとして欠かせない資質 - 自信と大きな声- を時間をかけて身につけてきた。

「屋根のない住宅鑑賞ツアーへようこそ!」 彼女は声を張り上げて見せてくれた。
SUR_Homeless city tours guides share experiences 2
Credit: Hanna Witte & Jennifer Braun

デュッセルドルフではガイドを務めたヨルグが私たちを温かく迎えてくれたので、何年も前から彼のことを知ってる気分になった。まず初めに、ツアーの企画をサポートしているコミュニティワーカーのヨハネス・ドレンバッハからツアー開始前にいくつかの注意事項が告げられた。

そして、参加者に小冊子が配られる。
最近、学校からの問い合わせが増えているので、ツアーパンフレットを用意したんです。内容をもっと教育目的に合うようにしたかったのですが、間に合わなくて…
冊子を手にしたバーゼルからの参加者マルクス・クリステンが感嘆の声を上げた。
すばらしい!われわれもこんなものを作ったらいいんだな。子ども向けに限らないよな。
ホームレス経験者による街歩きツアーに参加する人たちの皆が寛容で心が広いわけではない、とチューリッヒからの参加者ペーターは言う。
最近、僕のツアーに参加した女性から言われたんだ。「道に寝ころがってるホームレスの人がいないじゃない」って。われわれはホームレスの人たちを見せ物にしているわけじゃないってことを、しっかり伝えなければならない。理解のない人たちもいますから。
通常、ツアー参加者はホームレスの人々のためのシェルターや宿泊施設を遠くから見るだけだが、この日は例外的に、参加者も炊き出し所でおいしいシチューをいただき、最後は「FiftyFifty」の事務所でコーヒーを飲みながら今日一日を振り返った。
SUR_Homeless city tours guides share experiences 6
Credit: Hanna Witte & Jennifer Braun

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  2. 2

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  3. 3

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  4. 4

    新卒一括採用への批判は的外れ

    キャリコネニュース

  5. 5

    ビッグダディ AV出演の経緯語る

    NEWSポストセブン

  6. 6

    権力と寝る女?小池氏の素顔とは

    文春オンライン

  7. 7

    VALUは投資ではなくギャンブル

    ニャート

  8. 8

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  9. 9

    ウザい?正恩氏 陰口言われる理由

    高英起

  10. 10

    豊田氏予備軍が社会には大勢いる

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。