記事

五輪の「政治利用」 小池都知事vs.官邸を新聞紙面で味わう - 政治とは「セレモニー」なんである - プチ鹿島

 政治とは「セレモニー」なんだなぁとつくづく思ってしまった一件だった。

「小池都知事、東京五輪『都外仮設設備費』500億円全額負担」(スポーツ報知・5月12日)

 の話題である。


 

 都外会場のための仮設設備費をどうするのか?  先に仕掛けたのはこの人たち。

《千葉県・森田健作知事、神奈川県・黒岩祐治知事(62)、埼玉県・上田清司知事(68)が動いた。9日夜の首相官邸。3人が菅義偉官房長官(68)に打ち明けた。菅氏は「総理もお目にかかりたいと話している」と即座に首相に取り次いだ。》(スポーツ報知・同)

 知事たちが官邸に行くと、菅官房長官は「即座に」首相に取り次ぐのである。このくだり、各紙を読み比べてみると「報知」のディテールが上記のように最も生々しかったので引用してみた。

 すると、すぐさまこんな展開となる。

《安倍首相は、その場に丸川珠代五輪担当相を呼び「都の決定を待たずに国が調整する」ことを指示していた。小池知事の「全額負担表明」は、安倍首相の圧力に屈した結果のように映った。》(毎日新聞・5月12日)

《小池氏に決断を迫る「筋書き」を描いたのは、首相官邸だった。》(朝日新聞・5月12日)

 そして、安倍首相と小池知事の儀礼的な会談が行われたのである。

「おい、小池!」とばかりに「決められる政治」を潰された都知事

 各紙を読むと、今回のセレモニーの大きな要因には「都議選」がある。

《7月の都議選は小池氏が率いる「都民ファーストの会」と自民党都連が全面対決する構図。小池氏の手柄になる事態を避けたかった政権にとって、3知事の要望を受けた官邸が調整役を果たして決着、は思惑通りだったといえる。》(スポーツ報知・5月12日)

 実は、小池氏としてはこの件は「決められる政治」をアピールする場にして、都議選への絶好のパフォーマンスにする予定であった。

《11日の小池氏と首相との会談は5月の大型連休前に決まっていたとされ、「負担表明に向け準備を進めていた」(知事側近)。小池氏にとって都議選前の見せ場になるはずだった。》(産経新聞・5月12日)

 ところが、その2日前に知事3人が動いたことで小池サイドの思惑はひっくり返されたのである。小池サイドは「受け身」になってしまった。

 官邸サイドからすれば、都議選での都議会自民党の劣勢ムードを食い止めるために、「決められない小池」「おい、小池!」のアピールをしたとみえる。

 要は官邸側も小池側も"都議選への好印象づくり"を仕掛けていたのだ。そのために五輪は格好のネタだった。どちらも狡猾だが今回は官邸のほうが上回ったという話。


セレモニアルな握手 ©時事通信社

思い出したい、安倍マリオ問題

 実は、「安倍首相(官邸)対小池都知事」のセレモニー合戦は今回が初めてではない。昨年夏にも大きな仕掛けがあった。

 リオ五輪の閉会式に出現したあの「安倍マリオ」である。安倍晋三首相がマリオに扮して登場した。

 私が想像したいのはあの日、あの現場である。

「安倍マリオ」登場の瞬間、競技場は盛り上がっていたようだが、あの場所で1人だけ悔しがってるに違いない人物がいた。小池百合子である。

 小池氏は新・東京都知事としてキンキラキンの着物で意気揚々と乗り込んでいった。しかし最後は安倍マリオに話題を持っていかれた。目立つ気マンマンだった都知事がイラッとならないわけがない。当初は私の想像だったが、「安倍マリオの発案は森喜朗(東京五輪組織委員会会長)」と報じられてからこの見立ては俄然リアルになった。


安倍マリオ ©時事通信社

 マリオ役を首相に決めたのはいつなのか? という点に絞って当時の新聞記事を読みなおすと「小池氏が都知事選で有利」と言われはじめた時期も浮上するのである(詳しくは拙著『芸人式新聞の読み方』を読んでください)。

「小池百合子がリオ五輪の閉会式で目立つくらいなら安倍ちゃんを出そう」という思惑はなかったか?小池嫌いと言われる森喜朗が口を出したならそこまで考えなければならないのだ。

 その小池氏も、昨年の都知事選出馬では自らの仕掛けが見事にハマった。

 昨年6月29日、都議会自民党が前総務事務次官の桜井俊氏に出馬要請をおこなった日に、小池氏は立候補の意向を表明した。桜井氏へプレッシャーをかける意味もあったのだろう。この「先出しじゃんけん」は成功し、桜井氏は出馬固辞。

 小池氏が都知事に当選後、安倍首相は小池氏に「一本とられた」とコメントした。しかしそのあと安倍マリオを仕掛けられた小池氏の胸中もまた「一本とられた」ではなかったか?

 そして今回の「都外仮設設備費」問題である。またしても両者のセレモニー合戦がおこなわれたのだ。

 それにしても、官邸にも小池氏にも「五輪」は格好のネタであることがわかる。

 五輪の政治利用、すごい。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  3. 3

    麻央さんに関する記事表題に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  7. 7

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  8. 8

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  9. 9

    菅元総理が維新の二の舞と苦言

    菅直人

  10. 10

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。