記事

尖閣周辺で中国のドローンらしき物体、海保が初めて確認

[東京 18日 ロイター] - 海上保安庁は18日午前、日本が固有の領土とする東シナ海の尖閣諸島(中国名:釣魚島)領海内で、中国のドローン(無人機)らしき物体が飛行しているのを初めて確認した。

日本側は緊張を高める行為だとして、東京の中国大使館に抗議した。

海上保安庁広報によると、午前10時過ぎに中国海警局の船4隻が相次いで尖閣諸島の周囲22キロ内に侵入。海保の巡視船が午前11時前、中国公船1隻の船橋前方にドローンのような物体が飛んでいるのを初めて確認した。

ドローンかどうかは確認できておらず、飛行の目的も不明だという。海警局の船は4隻とも正午過ぎまでに22キロ外へ出た。

日本側は「一方的なエスカレーション(緊張を高める行為)だ」として、外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長が中国大使館の公使に電話で抗議した。中国側は本国に報告するとした上で、同諸島に対する自国の立場を改めて表明した。

日本は尖閣諸島を歴史的、国際法的にも固有の領土とする一方、中国も領有権を主張している。

(久保信博、竹中清)

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  4. 4

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  5. 5

    北の核開発阻止には戦争しかない

    WEDGE Infinity

  6. 6

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  7. 7

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  8. 8

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  9. 9

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  10. 10

    40年前の殺人が時効成立しない訳

    三浦義隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。