記事

主治医はベテランより若い先生がいい!アメリカの事例から

面白い記事です。(若い医師の方が担当患者の死亡率が低いことが最新の研究で明らかに

日本とはかなり違うアメリカの医療(医療費は高い。主治医の働き方が異なる等)ですから、そのまま当てはめることはしない方がいいことを筆者も言っていますが、働かないお年寄り医師の腕は悪いという内容です。基本私の印象とも合っています。
>高齢の医師のほうが若い医師と比べて、医学的知識が少なく、ガイドラインどおりの治療を行わないことが報告されています。
年をとると勉強しなくなっているということ、いやついていけなくなる医師が多いということでしょうか。50代の私も本当最近の医療の進歩は早いのでついていくのがやっとです。

ここで考えなければいけないのは、ガイドラインというものはいまある最善の医療です。そして患者、病気の中にはガイドラインに合わないものがどうしても出てきます。だから結果が100%にならない医療の不確実性が出てくるのです。それでも最初からガイドラインに外れる医療を行うとそりゃ治療の確率は悪くなります。だから若い先生の方が全体としては優秀なのです。
>医師の年齢を連続変数で見ると、60歳以上になると患者の死亡率はより急に上昇することが明らかになりました。
表を見る限り50代ぐらいまでは許してもらえそうですねw。この数%を改善するための医療費はとか突っ込みたくなりますが。60代は今は昔と違って元気ですけど、やはり病棟業務は負荷なんだろうかと思ったら以下の記載が。
>年間の担当患者数が少ないもしくは中等度の医師に関しては、年齢が上がるほど患者の死亡率が上がることが分かりました。その一方で、担当患者数が多い医師のグループにおいては、医師の年齢と患者の死亡率の間に関係は認められませんでした
結局その人の能力、できたら経験も豊富な50ぐらいの成績が一番良かったらいいのにw。これが疫学の難しさですが、年を取っても一生懸命仕事をすれば医師として働けるということですね。頑張ろう!

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  3. 3

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  5. 5

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

  7. 7

    無法地帯? 事件続く川崎市の実態

    fujipon

  8. 8

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

  9. 9

    山口達也の号泣会見に悲しみの声

    女性自身

  10. 10

    小室圭さんの借金巡る取材秘話

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。