記事

米大統領、北朝鮮問題で対話用いる用意も─韓国特使=聨合ニュース

[ソウル 18日 ロイター] - トランプ米大統領は、韓国の文在寅大統領の特使として訪米した洪錫炫氏に対し、北朝鮮の核・ミサイル開発問題について、状況が適切なら対話を通じて解決する用意があるとの考えを伝えた。韓国の聨合ニュースが18日、洪氏の話として報じた。

報道によると、トランプ大統領は朝鮮半島の平和を実現するため「対話」を用いる用意があると述べた。ただ、対話のための対話は行わないと強調し、北朝鮮問題への対応は圧力を用いることが前提だと説明したという。

大統領の発言について、ロイターとして確認は取れていない。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    米大統領 訪韓で「悔しい思い」

    NewSphere

  5. 5

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  6. 6

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  7. 7

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  8. 8

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  10. 10

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。