記事

北朝鮮ドローン部隊が「韓国爆撃」を継続中

金正恩氏

文在寅新大統領が就任したばかりの韓国で、北朝鮮の「ドローン(無人航空機)部隊」が首都圏を無慈悲に「爆撃」し、色々なモノを破壊している。

といっても、空から落とされているのは火薬の詰まった爆弾ではなく、大量の宣伝用ビラやCDだ。

(参考記事:北朝鮮の宣伝ビラが韓国乗用車を無慈悲に粉砕…ドローンで散布か?

韓国の通信社、ニューシスによると、ソウル市北東部の中浪区で14日午前1時20分ごろ、民家の屋根をビラとCD数千枚が突如、直撃。大きな音に驚いた住民が警察に通報した。屋根は衝撃で瓦の一部が破損し、隣の民家の一部も破損していた。

住民はメディアに、「寝ていたところ、ドンという大きな音がしたので階段を上がると、ビラが散乱していた」と述べている。

ビラには「518民主化運動(光州事件)と関連した新たな事実が発見された」「核戦争はわが国(北朝鮮)式の対応でやる」などと書かれていた。

北朝鮮はビラを風船で飛ばす方法も用いているが、荷物が重くなれば風船も大きくなり、発見されやすい。北朝鮮は2014年、ソウル中心部の青瓦台(大統領府)上空までドローンを飛ばした「実績」がある。ビラ投下にもドローンを用いている可能性は低くない。

CDの内容は確認されていないとニューシスは報じているが、ネットに掲載されたCDのジャケット画像をデイリーNKジャパンで分析した結果、朝鮮中央テレビが4月9日の午後1時から放送した番組「首領決死擁衛の銃隊戦士として、一生涯を輝かしめん」と思われる。

聯合ニュースによると、同じ日に隣接する蘆原区の小学校の運動場などでもビラ1万4000枚が発見されている。

北朝鮮は、韓国の北朝鮮向けの拡声器放送などに激しく反発し、昨年1月ごろからプロパガンダ用のビラを韓国に飛ばし続けており、様々なモノの被害が出ている。ただの紙とはいえ、何千、何万枚もまとめればかなりの重量になる。そんなモノがいきなり上空から落下してくるのだから、危険なことこの上ない。

(参考記事:韓国を襲う北朝鮮「ビラ爆弾」、今度は貯水タンクを無慈悲に粉砕

先月18日には仁川で太陽節(金日成主席の生誕記念日)を祝うビラが792枚、3月28日には金正恩党委員長を褒め称える内容のビラ6000枚が発見されている。韓国国防省の発表によると、昨年1月から今年2月までの間にビラが発見された日は269日に及び、軍当局が回収したビラの枚数は203万9898枚に達する。

北朝鮮がいくら懸命にビラを飛ばしたところで、韓国国民にとっては、嘲笑の対象に過ぎない。

京畿道議政府市に住むソン・ジュヒョンさんはMBNの取材に、「何十年もデザインが変わっておらず、手に取ろうとすら思わない。寒いコントのようだ、何のために飛ばしているのか分からない」と述べている。

しかし北朝鮮も、本当に効果があると思って宣伝ビラを飛ばしているのだろうか。大昔、北朝鮮が経済的に韓国を凌駕していた時代ならまだしも、いまどき時代遅れの独裁国家の口車に乗るのは、ごく一部の特殊な思想を持つ人だけだ。

となると、北朝鮮の目的は別のところにあるのではないか。もしかしたら、ドローンで韓国領内にモノを落とす訓練をしているのではないのか。小さなドローンでは、本格的な爆弾を運ぶことはできない。しかし韓国社会に混乱を起こすためであれば、数キログラムの小さなものを、大量に落とす方が効果的とも言える。

筆者の杞憂に終われば良いのだが。

(参考記事:「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民のキツい本音

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  4. 4

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  5. 5

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  6. 6

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  7. 7

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  8. 8

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  9. 9

    小池結党宣言は安倍会見を陳腐に

    早川忠孝

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。