記事

タワケの法務大臣でも悪法が通る不思議

ネットで見つけた「朝日新聞デジタル」で青木理氏の共謀罪についてのインタビューが載ってるが、大変分かりやすい。

しかし与党は「共謀罪」を17日か18日あたりで通そうとしている。
あのタワケの法務大臣が、何ひとつ説得力のある説明をできなかった法案を、ただ審議が30時間に達したからという理由で強行採決しようとしている。
建て前的に「強行採決」に見えないように、野党から、「維新の会」を取り込んで、強行採決に向かう企みだ。

よくこんな危険なものを、十分な説明責任も果たさぬまま、数の力で意地でも通そうとするものだ。
国民にその危険性が啓蒙される前に、通したいのだろう。
「国民が気づかぬうちに速く速く」と焦っている。

読売や産経などの「安倍政権・御用新聞」が共謀罪の議論を封じている。
テレビメディアも局によって分断されているから、今まで国民は無知のまま放置されていたが、本当は「両論併記」でも、法案の意味を国民に伝えるのが、マスコミの責任なのだ。

「御用新聞」「御用テレビ局」が増えたために、国民は知るきっかけがない。
だから、世界の報道の自由度ランキングが先進国の中で異様に低いのだ。

政権与党は、そもそも国会での議論なんか重要視してない。
政府にとっては国会の議論なんか要らないのだ。
国会がない方がいい。
始めに結論ありきで、とにかく「共謀罪」を通すと決めていただけだ。
数の力で何でも通せると高を括っている。
何をやっても支持率は下がらない、民進党のせいにしておけばいいと傲慢極まりない。

民進党は最後まで抵抗するだろうが、わしはこれを応援する。
頑張ってくれ!

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  6. 6

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  7. 7

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  8. 8

    菅元総理が維新の二の舞と苦言

    菅直人

  9. 9

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  10. 10

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。