記事

任天堂、「ゼルダの伝説」をスマホ向けに投入へ

 【東京】任天堂はスマートフォン(スマホ)向けにゲーム「ゼルダの伝説」フランチャイズを投入し、モバイルゲームのラインアップをさらに拡充する計画だ。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

 任天堂はこれまで自社ゲーム機向けソフトの開発に注力してきたが、ここ1年はモバイル市場での存在感を高めている。スマホ向けアプリとしてはすでに「Miitomo(ミートモ)」、「ファイアーエムブレムヒーローズ」、「スーパーマリオラン」を発表しており、スマホ向け「どうぶつの森」の配信を開始する方針も明らかにしている。

 この関係筋によると、スマホ版「どうぶつの森」は2017年後半にリリースされる公算が大きく、「ゼルダの伝説」がそれに続く予定。ただ、配信開始の時期や順番は変わる可能性があるという。任天堂はスマホゲームをディー・エヌ・エイ(DeNA)と共同開発している。

 任天堂とDeNAはどちらもコメント要請に応じなかった。

 「ゼルダの伝説」の課金モデルはまだ明らかにされていない。「スーパーマリオラン」は1200円だ。

 今のところ、スマホ向けゲームは任天堂の収益にあまり貢献していない。2016年度(16年4月~17年3月)決算では、スマホ向けゲームによる利益は200億円に届かなかった。

 任天堂の君島達己社長は、モバイルゲームのラインアップを拡充する方針を示している。日常的にスマホでゲームをする人たちの関心を引き、任天堂ゲーム機の購入を促す狙いもある。

 マッコーリー・キャピタル証券のアナリスト、デビッド・ギブソン氏は、17年度はスマホ向けゲーム部門の利益が1000億円を超えるとの予想を示した。

 任天堂の関連会社であるポケモンがプロデュースしたモバイルゲーム「ポケモンGO(ゴー)」は昨年夏、世界中で大ヒットとなった。同社の株式を23%保有している任天堂は、同社への投資から16年度に200億円の利益を計上した。

 事情を知る2人の関係者によると、ポケモンは新しいカードゲームアプリの配信を計画中だ。同社はすでにポケモンシリーズを題材とした収集用・ゲーム用のトレーディングカードを販売している。スマホ向けアプリについて、同社はコメント要請に応じなかった。

 「ゼルダの伝説」シリーズは米国で特に大きな人気を集めている。

(訂正:第3、第4段落のディー・エヌ・エイのローマ字表記を「DeNA」に訂正します)

By Takashi Mochizuki

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  4. 4

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。