記事

北朝鮮のミサイル、新型の弾道ミサイルだった可能性=菅官房長官

[東京 15日 ロイター] - 菅義偉官房長官は15日午前の会見で、14日朝に発射された北朝鮮の弾道ミサイルについて、新型の弾道ミサイルであった可能性が考えられる、との認識を示した。

菅官房長官は発射されたミサイルについて「30分程度飛翔(ひしょう)し、2000キロメートルを超す高度に達したと推定される」と指摘。政府として「総合的、専門的な分析を慎重に行っている」と述べた。

北朝鮮のミサイル技術に関しては「弾道ミサイル発射を繰り返し行っており、核・ミサイル開発のための活動を継続して行っている。一定の技術の進展は得ているのだろうと思っている」と分析した。

政府の対応については「いかなる事態にあっても国民の生命と財産をしっかり守るという姿勢のもとに日米、日米韓の連携を緊密に、現時点においても行っている」と強調。「高度な監視体制を維持し、緊張感をもって万全の態勢で臨んでいる」と語った。

また、「国連の舞台のなかで中国、ロシアをはじめ北朝鮮に影響力のある国と外交的に連携しながら、その暴発を食い止めていきたい」との考えを示した。「(北朝鮮との)対話のための対話は控えるべきだ。物事が進展する状況を作り出すことが極めて大事だ」と語った。

世界各国で行われたサイバー攻撃の日本への影響や被害については、昨日もきょうも報告を受けているとしたうえで、「懸念するようなことはないと思っている」と述べた。

*内容を追加しました。

(石田仁志)

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  2. 2

    任天堂Switchは品薄商法ではない

    赤木智弘

  3. 3

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  4. 4

    Amazonの安物ブランド販売に冷笑

    広瀬隆雄

  5. 5

    政府不信の割に行動しない日本人

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  7. 7

    貧困を生む扶養義務の強化に反対

    大西連

  8. 8

    少子高齢化で進む中年ひきこもり

    田中俊英

  9. 9

    社交界のプリンス 講演の実績も

    キャリコネニュース

  10. 10

    訪日客増加も旅行社が低調のワケ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。