記事

なぜ「森永パルム」好きが増えたのか?

1/2

家庭用アイスクリームの市場規模は4年連続で過去最高を更新している。年間売上高100億円超の6つのメガブランドの中でも伸びが目立つのが森永乳業の「PARM(パルム)」だ。

■アイス市場は過去最高を更新中

「風呂上がりの一杯」がおいしい季節がやってきた。しかし最近はお酒を飲まない人も増えつつある。そんな人は風呂上がりや仕事終わりに、なにを口にするのか。さまざまな嗜好品の中で、とりわけ好感度の高いものといえばアイスクリームである。

お菓子や飲み物を対象とした「好きなデザート調査」の最新結果(2016年・日本アイスクリーム協会調べ。複数回答)では、1位「アイスクリーム」(80.3%)、2位「コーヒー・紅茶・ココア」(68.3%)、3位「ケーキ・シュークリーム」(67.3%)となっており、アイスがダントツで首位。調査開始以来20年連続1位だという。業界団体の調査ゆえ、割り引いて考える必要はあるが、「アイスクリームが嫌い」という人は少数派だろう。

実は近年、家庭用アイス市場は成長をつづけている。正式数値はまだ未公表だが、2016年度(1月~12月)は速報値で4900億円を超えた模様だ。アイス業界では、記録的な猛暑で需要が伸びた1994年度の4296億円がピークで、それを上回る年は20年近くなかった。ところが2013年度に4330億円と記録を更新すると、その後も4年連続で過去最高を更新しつづけている。特にここ2年の伸びはすさまじい。

アイス業界では年間売上高100億円を超える以下の6つが「メガブランド」と呼ばれている(ハーゲンダッツを入れれば7つ)。このなかで、今回注目したいのが3位の森永乳業「パルム」だ。

「パルム」の商品ラインナップ

■メガブランドの中でも目立つ「パルム」の伸び

【1位】「エッセルスーパーカップ」(明治)約220億円/発売年=1994年
【2位】「モナカジャンボ」シリーズ※(森永製菓)約150億円/発売年=1972年
【3位】「パルム」(森永乳業)約145億円/発売年=2005年
【4位】「ガリガリ君」(赤城乳業)約140億円/発売年=1981年
【5位】「ピノ」(森永乳業)約135億円/発売年=1976年
【6位】「パピコ」(江崎グリコ)約130億円/発売年=1974年
【番外】「ハーゲンダッツ」(ハーゲンダッツジャパン)約480億円(シリーズ全体)/日本発売年=1984年

※「モナカジャンボ」シリーズは「チョコモナカジャンボ」「バニラモナカジャンボ」の合計数値
(金額は業界誌「アイスクリームプレス」2015年度の推計)

注記にあるようにモナカジャンボは「シリーズ合計」なので、パルムは単品ブランドでは2位となる。対前年比は110%で、この数年、特に伸び幅が大きい。他のブランドの多くが発売30年~40年を数えるロングセラー商品なのに対して、バーアイスのパルムは発売12年。人間にたとえれば、アラサーやアラフォー世代に交じって、小学6年生か中学1年生が健闘していることになる。

なぜ、パルムは急激に成長したのだろうか。森永乳業でパルムのマーケティングを担当する宇田川史郎氏(同社冷菓事業部・冷菓マーケティンググループ・アシスタントマネージャー)はこう説明する。

パルムのマーケティングを担当する宇田川史郎氏

「パルムは一貫して『上質感』を訴求してきました。“チョコがけしたアイス”を掲げ、アイスとチョコが同時に溶けるのも消費者に支持されたと考えています。大半のチョコアイス系商品は、アイスが先に溶けてチョコが後から溶けます。海外のアイスはチョコがバリバリした商品も多い。でもパルムは最初から最後までバニラとチョコが一緒に溶けて楽しめる。日本人の舌は繊細で、年々それをご評価いただいていると思います」

宇田川氏は「発売初年度に比べて10倍の売上高になった」と説明する。ちなみに筆者が3年前に取材した際は「8倍」だった。その後、さらに拡大したのだ。

■発売当初から「大人向け」を訴求

実は、昔のアイスと現在のアイスでは消費者層が違う。アイスクリームプレス社の二村英彰社長はこう説明する。

「昔のアイスは、『子供のおやつ』で、お母さんが小売店で子供向けに買ったり、子供がお小遣いをにぎりしめて1本買ったりするという商品でした。それが各メーカーの販売戦略の成功もあり、現在のアイスは『大人向けスイーツ』に変わったのです」

発売当時の「パルム」。当時は「エスキモー」ブランドだった

パルムの主要顧客層は「40代から60代の女性が全体の4割を占める」(宇田川氏)ということで、これも二村氏の話を裏付ける。1本売りの個別タイプは20代、30代の独身女性に、「マルチパック」と呼ばれる箱売りは主婦層に支持されているという。興味深いのは、パルムは05年の発売当初から「大人」に訴求していたこと。なぜ、大人にターゲットを絞ったのだろうか?

「当時すでに少子高齢化が社会問題となっており、今後の国内市場を考えた場合、社内では『アイスクリームも子供向けではむずかしい』と危機感を持っていました。価格や量よりも質を重視する大人が満足するアイスを提供したい、思いもありました」(宇田川氏)

こうして発売されたパルムだが、当初は苦戦した。箱売りでは競合品が1箱約300円のところ、パルムは約350円。この価格差が流通との商談の壁となり、なかなかアイス売場に置いてもらえなかった。そこで注力したのが「試食体験」だ。商品を置いてもらえた売場で積極的に試食販売を行い、来店客に実感してもらった。そこで売上成績が上がると、その資料を持って別の店に訴求する――といった地道な活動で顧客を広げたのだ。

あわせて読みたい

「アイスクリーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  7. 7

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  8. 8

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。