記事

「職員室のタブー」 教師は「部活問題」を語れない ~沈黙を強いられる先生たちの「静かな反乱」がはじまった~ - 内田 良

密かに展開する「レッドシールキャンペーン」

 いま、密かに学校の職員室に拡がりつつある草の根活動がある。


提供:部活問題 対策プロジェクト

「レッドシールキャンペーン」とよばれる活動で、部活動問題について机の片隅に赤いシールを貼ることで意思表示しようという試みである。今年の2月下旬に、ネット上で呼びかけが始まった。

 キャンペーンを提案したのは、今日の部活動改革を牽引する「部活問題 対策プロジェクト」の先生たちである。

 プロジェクトメンバーは、こう語りかける――「部活問題に関心があるけれど、職員室では話題にしづらい、なかなか相談できないと思っている先生はいませんか?そんな思いを抱えた先生同志がつながるためのキャンペーンを提案します!」(「レッドシールキャンペーン」のページ)。

 レッドシールの魅力は、部活動の問題に関心があることを「『暗に』意思表示」するところにある。

職員室でコソコソしなくてはいけない理由


Twitterアカウントに赤丸を付す先生も増えている

 キャンペーンを知らない教員にとっては、ただのシールであるが、知っている教員にとっては仲間を見つける手段になる。「これが『部活問題に関心がある』ことの意思表示になります。もし、同じ学校であなた以外に赤いシールを見つけたら声をかけてつながりましょう」とプロジェクトメンバーは訴えかける。

 つい先日のこと、ある先生が、「今日、レッドシールを見つけました。今度話しかけてみようと思います!」と嬉しそうに語っていた。ネット発のまったく目立たないキャンペーン(それこそが魅力である)によって、リアル職員室で先生たちが少しずつ、つながり始めている。

 しかしながら、不思議に思う読者もいることだろう――なぜ、こんなにコソコソしなければならないのか?

 中学校や高校の教員は、平日の夜も土日も仕事。その主たる理由は、ご存知のとおり部活動である。この数年、マスコミが教員の過重労働、働き方改革について啓発活動を積極的に進めてくれたおかげで、ずいぶんと世論の問題意識も高まっている。


©iStock.com

 けれども、職員室のなかでは、「部活問題を語ることなかれ」なのだ。なぜなのか?

先生たちによる密かな連携活動が始まった


部活改革ネットワークのTwitterアカウント

 じつは先月末、先生たちによる密かな連携活動が、新たに立ち上げられた。

「部活改革ネットワーク」(@net_teachers_jp )という組織で、現在50名近くの教員が登録している。部活動問題に関心のある全国の教員をつなぎ、情報と知恵と戦略を共有し、学校現場からの部活動改革を目指している。

「部活改革ネットワーク」はTwitterを基盤に活動を展開する。代表らごく数名のアカウント以外は、誰がそこに関わっているかさえわからない。きわめて匿名性の高いネットワークである。

 匿名性を高くする理由は、私が過日におこなった、部活改革ネットワーク全国代表を務める斉藤ひでみ氏(@kimamanigo0815)へのインタビューから、よく見えてくる。

内田:なぜいまネットワークを立ち上げたのでしょうか。

斉藤:部活問題についてこれだけ世論が高まっているけど、その一方でじつは職員室では、ぜんぜん議論がないんです。世論とは対照的に、職員室では部活問題は存在しない。部活を熱心に指導して当たり前の文化だから、部活問題はタブーなんですよ。

(拙稿「部活問題 教員の全国ネット始動 中学校の部活動で勤務時間大幅増の現実」)

「職員室では部活問題は存在しない」「部活問題はタブー」とは、なかなか強烈な表現である。

 部活を熱心に指導するのが当たり前という文化が、職員室にはある。夜遅くまで、土日も含めて指導に当たるのが、熱心で生徒思いの先生と評価されるのだろう。このなかにあっては、「部活を指導したくない」と言おうものなら、教師失格のレッテルが貼られるだけである。

 先生たちがいま机の片隅に貼っているレッドシールは、そうした職員室文化への赤信号のように見えてくる。

(内田 良)

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ジャニーズ全体の株を上げたSMAP

    中川 淳一郎

  2. 2

    通な落語を好む小泉今日子に感心

    松田健次

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    老後の貯蓄 得なのは年金or預金?

    PRESIDENT Online

  5. 5

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  6. 6

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    ちふれ炎上にみる女性の息苦しさ

    キャリコネニュース

  8. 8

    食い逃げ 処罰できないケースも?

    三浦義隆

  9. 9

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。