記事

北朝鮮がまたもや弾道ミサイル発射 約30分間800キロ飛翔 高度2千キロの新型


(出所)防衛省

5月13日(土)は、雨の中出身地山梨において弔問し、その後上京して山梨関係の会合に出席しました。3年後の五輪東京大会に向けて、合宿所受入れや我が国の多様な文化をアピールする「beyond2020」の認証について、参加を呼びかけました。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020/

●北朝鮮が新型弾道ミサイル

5月14日(日)、朝5時28分頃に北朝鮮がまたもや弾道ミサイル1発を西岸から東北東方向に発射しました。約30分間800キロ飛翔し、日本海の我が国の排他的経済水域(EEZ)外の公海上に落下したとのことです。今回は、従来と違って飛翔時間が30分間、高度は2千キロに達し、ロフテッド軌道(通常よりも高高度で打上げて飛距離を出さない発射方法。迎撃がより困難)ではないかと言われています(写真の防衛省資料を参照)。

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201705/14_a2.html

発射を繰り返すたびに、技術力が向上し、脅威は格段に増大しています。北は、6回目の核実験について中共の圧力で踏みとどまっています。韓国では親北派の大統領が選出され、中共では「一帯一路」構想の国際フォーラムの初日の時機に、北は米国籍者を何人も拘束し、欧州での米国との秘密会談終了後に、今回の暴挙に出ました。

このままいけばハワイに到達するのは時間の問題なわけで、米国が黙っているわけがなく、空母カールビンソン等の攻撃群に加えて、さらなる空母攻撃群を増派した時が、大きな山場となるのでしょう。

我が国は、同盟関係の米国との連携を強化し、中韓ロの隣国に対して、国連安全保障理事会理事国として外交を展開するとともに、ミサイル防衛のための防衛力を着実に整備し、Jアラート(全国瞬時警戒システム)による国民保護訓練の実施を徹底していかなければなりません。北のミサイル発射の繰り返しは、反面時間の猶予を与えられているわけで、

備えを万全に期していく必要があります。防衛計画の大綱や中期防衛力整備計画も見直し、予算を増大させていく必要があります。

http://www.mod.go.jp/index.html

●学校でのミサイルからの避難の取組み

昨日のブログでも掲載しましたが、文部科学省の国民保護法に基づく、学校での安全管理と教員養成での取組み状況についても、しっかり督促したいと思います。Jアラートが発令されても、学校で対応ができないことがないように、学校現場での安全管理や、教員の養成・研修の取組みを推進していきたいと思います。文科省では、来月6月に都道府県・政令指定都市の学校安全担当者会議において、内閣官房とともに対応を徹底させるとのことです。

 私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」や「和を以て貴しとなす」、万機公論に決すべし」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、全ては国家国民のために、日々全身全霊で取組みます。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  8. 8

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  9. 9

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。