記事

子育ても仕事も「今回だけは特別ね」はやめた方がいい理由

今回だけでなく、特例が当たり前になってしまうから。

よくあるじゃないですか。
子育てとか仕事とかで「今回だけは特別ね」っていうの。

子育てなら「今回だけはテレビ見ながらごはん食べてもいいから」とか「今回だけは特別におもちゃ買ってあげる」とか「今回だけはもう1つ食べていいよ」とか。

仕事なら「今回だけは特別に安くしてあげる」
「今回だけは納期をのばしてあげる」みたいなことって。

でもほんとやめた方がいいですって。
なぜなら今回だけが次回以降もそれが当たり前になっちゃうから。

人間ってのは図々しい生き物なんですよ。
今回がOKなら次回もOKでしょって考えるのが人間の性なんですよ。

「このまえいいっていったじゃん!」
「このまえは特別だったの」
「いいじゃん、じゃあ今回だけ」
「もー仕方ないなー。ほんとに今回だけだよ」っていうことの繰り返し。

そういうのが積み重なっていくとね特別扱いされた方が発言力が増す。
「このまえだっていいっていたじゃん!」
「今回だっていいじゃん!」
一度、特別扱いした側は前例を盾にとられると弱くなり結果、今回だけの特別が常態化することになる。

仕事なんか特に気をつけた方がいいですよ。
「今回だけ安くして」っていう客は絶対次も安くしてっていうから。

バーゲンセールとか特別価格なんかも何度もやっていると効果が薄れてきて通常価格の時は誰も買わなくなる。
「どうせまた安くするんでしょ」って具合に。

もちろん生きている以上どうしようもない事情があって本当に「今回だけ特別」にしなければならないこともあるかもしれないけどそれはよっぽどのことだけ。
でないとなし崩しになっちゃう。
すべてが特別になっちゃう。

できるだけ原理原則は守り「今回だけは特別ね」はやめた方がいい。

自分を守るために。
相手をつけ上がらせないために。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  4. 4

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  7. 7

    「国民民主」党名に見える排除感

    常見陽平

  8. 8

    橋下氏「米山氏は初動間違えた」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。