記事

子育ても仕事も「今回だけは特別ね」はやめた方がいい理由

今回だけでなく、特例が当たり前になってしまうから。

よくあるじゃないですか。
子育てとか仕事とかで「今回だけは特別ね」っていうの。

子育てなら「今回だけはテレビ見ながらごはん食べてもいいから」とか「今回だけは特別におもちゃ買ってあげる」とか「今回だけはもう1つ食べていいよ」とか。

仕事なら「今回だけは特別に安くしてあげる」
「今回だけは納期をのばしてあげる」みたいなことって。

でもほんとやめた方がいいですって。
なぜなら今回だけが次回以降もそれが当たり前になっちゃうから。

人間ってのは図々しい生き物なんですよ。
今回がOKなら次回もOKでしょって考えるのが人間の性なんですよ。

「このまえいいっていったじゃん!」
「このまえは特別だったの」
「いいじゃん、じゃあ今回だけ」
「もー仕方ないなー。ほんとに今回だけだよ」っていうことの繰り返し。

そういうのが積み重なっていくとね特別扱いされた方が発言力が増す。
「このまえだっていいっていたじゃん!」
「今回だっていいじゃん!」
一度、特別扱いした側は前例を盾にとられると弱くなり結果、今回だけの特別が常態化することになる。

仕事なんか特に気をつけた方がいいですよ。
「今回だけ安くして」っていう客は絶対次も安くしてっていうから。

バーゲンセールとか特別価格なんかも何度もやっていると効果が薄れてきて通常価格の時は誰も買わなくなる。
「どうせまた安くするんでしょ」って具合に。

もちろん生きている以上どうしようもない事情があって本当に「今回だけ特別」にしなければならないこともあるかもしれないけどそれはよっぽどのことだけ。
でないとなし崩しになっちゃう。
すべてが特別になっちゃう。

できるだけ原理原則は守り「今回だけは特別ね」はやめた方がいい。

自分を守るために。
相手をつけ上がらせないために。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  6. 6

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  7. 7

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  8. 8

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  9. 9

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  10. 10

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。