記事

トヨタが「リハビリロボ」に参入する事情 9月から医療機関にレンタル販売

ジャーナリスト 山田 清志

トヨタ自動車のロボット事業がいよいよ動き出す。2007年からロボットの研究開発に着手し、10年かけて初めて実用化にこぎつけた。下肢麻痺の人の歩行リハビリを支援するロボットを国内の医療機関にレンタル販売する。

■本格的に動き出したロボット事業のゆくえ

「トヨタ自動車は事業領域の拡大で、将来社名からモーター(自動車)という言葉がなくなる日が来るかもしれない。クルマが進化していけば、モーターではなく、モビリティという表現がいいのではないだろうか」


歩行リハビリテーションを支援するロボット「ウェルウォークWW-1000」。

今から10年ほど前、当時社長を務めていた渡辺捷昭氏とロボット事業について話していたら、渡辺氏の口からこんな言葉が出てきたことがあった。それはトヨタが「パートナーロボット」構想を発表した後で、渡辺氏は会見で、「将来、ロボット事業をトヨタの中核事業に育てる。2010年代のなるべく早い時期に実用化を目指す」と熱く話していた。

そのロボット事業がいよいよ本格的に動き出すことになった。2017年9月から下肢麻痺の人の歩行リハビリテーションを支援するロボット「ウェルウォークWW-1000」を国内で医療機関などにレンタル販売する。

このロボットは歩行ベルトやモーターがついたロボット脚、モニターなどがセットになっていて、膝の曲げ伸ばしを補助しながら動くベルトの上を歩き、前方のモニターで姿勢を確認しながら歩く練習をするというものだ。

トヨタは07年末から藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)と共同でこのロボットの開発に着手。11年から医療現場で実証実験を重ねてきた。現在、全国23の医療機関に研究目的で導入されており、これまで300人を超える患者が利用してきた。同大学の才藤栄一教授によると、比較的症状が重い患者が歩けるようになるまでのリハビリ期間は平均3カ月だが、このロボットを使うと1.6倍早くなったという。

16年11月に国から医療機器としての承認を得て、今回のレンタル販売につなげたわけだが、価格は初期費用が100万円で、レンタル費用が月額35万円。5月から受注を開始し、3年で100台規模の販売を計画している。当面は国内のみだが、海外展開も図っていく計画だ。

「すべての人が移動を楽しんでもらうには、こういった役割のものが将来必要になる。今は事業ありきではないが、必ず事業に結びつくものだと考えてやっていきたい」と磯部利行常務役員は話す。

高齢化が進み、クルマの運転が難しくなる人が増えるなか、トヨタが掲げる「モビリティ・フォー・オール(すべての人に移動の自由を提供する)」を実現するには、中核事業のクルマだけでなく、社会の変化とともにパートナーロボット事業にも注力すべきだというわけだ。

■これから生活支援ロボットを順次投入

実はトヨタがロボットを開発し始めたのは古く、その歴史は1970年代に遡る。といっても、当時のロボットはパートナーロボットではなく、溶接や塗装を行う産業用ロボットが中心だった。それが2001年の時に大きく変わった。そのきっかけになったのが「2005年日本国際博覧会(愛・地球博)」で、トヨタはそれまで蓄積した産業用ロボットの技術と自動車の制御技術、そして最新のITテクノロジーを集結し、万博に向けたロボット・プロジェクトを立ち上げた。

そして誕生したのが二足歩行型ロボット、二輪走行型ロボット、搭乗歩行型ロボットの3種類。なかでも二足歩行ロボットと二輪歩行ロボットは話題となった。なにしろ、トランペットを吹いたり、ドラムを叩いたりと楽器を演奏したからだ。当時、開発者の一人は「道具を使うという観点から開発を進め、楽器を演奏できる人工唇をつくり、人間の唇の振動を再現した」と話していた。

その後2007年には、「トヨタ・パートナーロボット構想」を発表。「介護・医療支援」「近距離のパーソナル移動支援」「製造・ものづくり支援」「家庭内での家事支援」という4つの領域で人と協調するロボットを開発するとした。そして、モビリティロボットとバイオリン演奏ロボットの2体を披露し、翌年にはパーソナル移動支援ロボット「ウィングレット」を発表した。

しかし、これらのロボットは試作ロボットという位置づけで、まだ販売できるものではなかった。そういう意味では、今回のリハビリ支援ロボットが市販するロボットの第1弾となる。トヨタでは今後、対話ロボット、立ち乗りパーソナルモビリティ、バランス練習アシスト、生活支援ロボット、移動ケアロボットなどを順次実用化していく計画だ。もちろん、これらのロボットには米国シリコンバレーに拠点を置くTRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)が開発を進めているAI(人工知能)技術も注入されていく。

このような生活支援ロボットは高齢化や人手不足を背景に必要性が増しており、大手から中小企業まで開発に鎬を削っている。ホンダが歩行支援ロボットを手がけるほか、パナソニックも介護ロボットに力を入れ、筑波大発ベンチャーのサイバーダインは動作支援型のロボットスーツ「HAL」を手がけている。これらのロボットはすでに国際安全規格「ISO13482」を取得しており、トヨタとしても負けてはいられないといったところだ。

ロボット市場は今後急速に拡大すると見られている。しかも、次世代の技術であるAIが絡んでくるとなれば、さらなる需要拡大が見込まれる。トヨタのことだから、おそらく一気呵成に攻勢をかけてくるだろう。そして、“自動車”という名前を捨てた時、トヨタはさらに飛躍した会社になっているに違いない。

(ジャーナリスト 山田 清志)

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  6. 6

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  9. 9

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  10. 10

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。