記事

FBI長官解任劇から見える米国社会の魅力 ~ 「公正」と「忠誠」

「1月末にコミー氏を夕食に招いたトランプ氏は、自身への忠誠を誓うよう求めた。コミー氏は公正であることは誓ったが、忠誠は拒んだという」(13日付日本経済新聞~「ロシアゲート」米に衝撃

このような人物がFBIのトップになれるところが米国社会の最大の魅力。日本にも彼のような高潔な人物はいるが、組織のトップに昇り詰めることはまずない。その前に潰されてしまうからだ。

日本の官僚のなかに、総理や自民党に対して「公正であることは誓うが、忠誠は拒む」と言える人達がどのくらい存在するのだろうか。

国会答弁を通して見えてくる日本の官僚組織は「忠誠は誓うが、公正は誓わない」人達の集団のように見えてならない。(多くのメディアや有識者と称される人達もほぼ同じ構造になっている。)

もし、解任されたFBI長官のように「公正であることは誓うが、忠誠は拒む」というような高潔な官僚が数多く存在していれば、「忖度」などという言葉が流行語になるような事態は起きなかったはずだ。

トランプ大統領の破天荒な言動を批判するだけでなく、日本社会が他山の石としなければならないこと、見習わなければならない教訓も含まれていることを見落としてはならない。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  3. 3

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  4. 4

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  5. 5

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

  7. 7

    スルガ銀行転落 頭取の行く末は

    文春オンライン

  8. 8

    福田次官vs産経 疑惑めぐる攻防

    文春オンライン

  9. 9

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    高須院長 セクハラより拉致問題

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。