記事

なぜアニメの声優に若者は熱狂するのか

中学校や高校に行ったときに、子どもたちの話を聞くと、いろいろ面白いことがわかる。中高生の見ている世界は、すなわち未来のこと。今後の世の中の動きを見るうえで、非常に勉強になるのである。

例えば、見方によっては残念なことかもしれないけれども、今の子どもたちには、紙の新聞を読むという習慣が全くといっていいほどない。

また、テレビを見ない、という子も多い。見るとしても、8割がネット動画で、残りがテレビという印象。しかも、テレビ番組もネット経由で接することが多いという。

読む本も、以前とは様変わりしている。古今東西の「名作」を読んでほしいというのは大人たちの勝手な願望で、彼らは自分たちの好きなものに目を向けている。それは、いわゆる「ライトノベル」と呼ばれるジャンルのものだったり、あるいは、ゲームやボーカロイド(バーチャル・シンガー)の世界観を物語にしたものだったりする。

急速に変化する若者たちの価値観の中で、話を聞いていて一番面白いと思い、また気にもなるのが「声優」さんたちの人気である。

中学や高校で「この中で一番オタクの人は?」と聞くことがある。自分で、あるいは仲間に推薦されて前に出てきたその子が「声優」のオタクだというケースは非常に多い。

アニメのキャラクターになりきってセリフを言う声優たちは、若者たちにとっての一番の憧れ、スター。その入れ込み方や熱っぽさ、知識の蓄積ぶりは尋常ではない。

声優さんたちは、一般社会での知名度は必ずしも高くない。一般の大人たちや、雑誌レベルでは、アイドルや若手俳優たちの知名度が高いのだろう。しかし、若者たちはむしろ声優たちを熱狂的に支持している。

昨年は、『君の名は。』や、『この世界の片隅に』といった作品の大ヒットで、アニメ映画が注目されたが、若者たちは、ずっと以前からアニメに熱い視線を注いでいる。その中での「声優」熱は「クールジャパン」と呼ばれるような新しい日本の文化、それに伴うさまざまな経済活動の可能性に結びついている。大人たちも、もっと知っておいたほうがいい。

なぜ、若者にとって「声優」がホットなのか。いくつかの要因がある。

まず、アニメ、ゲーム、漫画の文化のすそ野の広さと、層の厚みがある。

夏と冬の2回、お台場の「東京ビッグサイト」で行われる「コミケット」は、今や外国からも多くの参加者が集う「祭り」となった。自分たちで制作した「同人誌」を売り買いするだけでなく、アニメのキャラクターなどに扮する「コスプレ」も年々高度化し、それを目当てに外国からの来場者も増加している。

「アニメ」や「声優」の世界における厳しい実力主義も、若者たちの熱い支持を集める理由になっている。

「アイドル」や「俳優」の世界では「事務所」の力がものを言いがちである。いわば、「しがらみ」の世界。一方、オタクたちはよし悪しを厳しく評価する。有名監督の作品だからといって容赦しない。

すそ野が広く、競争も厳しいのが「アニメ」の世界。その中で、スターとして生き残る声優たちに熱い視線が集まるのは、当然だろう。身近にアニメ好きの若者がいたら、声優について質問してみてほしい。そこには、未来の世界の息吹があるはずだ。

(脳科学者 茂木 健一郎)

あわせて読みたい

「声優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  2. 2

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    小池氏が学歴疑惑に苦しい言い訳

    文春オンライン

  5. 5

    W杯は不謹慎?地震後の指摘に疑問

    かさこ

  6. 6

    山口達也氏 豪邸を5億円で売出し

    NEWSポストセブン

  7. 7

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  8. 8

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  9. 9

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    たけしと死去したベイダーの逸話

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。