記事

変動金利から固定金利への借り換えが有利なことも

黒田日銀総裁の下で行われている超長期国債の日銀買入れの強化により、フラットに代表される超長期固定金利が歴史的な水準まで低下しています。

この結果、数年前に借りた変動金利の水準よりも今のフラットの金利水準の方が低いという、逆転現象も発生しています。
そもそも変動金利の本来の水準は、短期プライムレートを基準とした2.475%です。数年前までは、ここから金利を優遇したとしても0.3~0.7%程度であり、現在のフラットの最低金利である1.1%よりも高い水準で変動金利を組んでいる方も多数いらっしゃいます。

ここで、この変動金利からフラットなどの超長期固定金利へ借り換えることができれば、金利変動リスクを取り除きつつ月々の返済額も抑えられるという、常識では考えられない方法も可能になります。

特にこの方法で借り換えをお勧めしたいのが、年収が平均程度だけれども子供が2人以上いて、今後のライフプランにおいて子供の教育費などを重視せざるを得ない方々です。

この方々のライフプランは子供の成長に左右されることが多く、本来は超長期固定金利が望ましいのですが、数年前までは家賃並の負担で住宅ローンを組むには変動金利にせざるを得ませんでした。

しかし、子供に一番お金がかかる時期に金利も上昇した場合、そのやり繰りをするのは本当に大変です。現在の変動金利の水準が上記に該当しそうな方は、今こそ動くべき時かもしれません。

あわせて読みたい

「住宅ローン金利」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  6. 6

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  9. 9

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  10. 10

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。