記事

「誰でも」入れる公園やトイレは危険?プロが教える安全な景色とは

柵で囲まれたイギリスの公園(小宮信夫撮影)

 千葉県で小学生の女児を殺害したなどとして元保護者会長が逮捕された事件を受け、子どもの安全をどう守るか関心が高まっている。そのような中、犯罪学を研究してきた立正大学の小宮信夫教授(61)が、7年かけ、世界92か国を回って撮影した、世界初の防犯写真集「写真でわかる世界の防犯」(小学館)を刊行した。写真家や、ジャーナリストではなく、研究者の視点で、防犯に効果的な街の風景を切り取った約200枚の風景写真が収められている。

 この写真集で伝えたいことを小宮教授に聞いた。

子どもの安全を守るためには「囲む」「場所を分ける」

今も残る中国の城壁都市・平遥。場内には今も5万人が暮らす。(小宮信夫撮影)

 ──世界中の写真を撮影して、わかったことは
 海外では、街や公園、学校を「囲む」ということが意識として刷り込まれていて、自然と入りにくい構造になっている。これは歴史を紐解くと、戦争や襲撃から民を守るため、大陸の国は、街を壁で囲む「城壁都市」が一般的だったことが背景にある。日本では垣根がなく、誰でもその場所を使えるのを良しとする傾向がある。これは島国だったことが関係している。

 例えば日本では、公園といえば、大人も子どもも垣根のない同じ空間で過ごし、外から入るのも容易だ。遊具のすぐそばのベンチで子どもを物色していても、遊具に近づいても怪しまれない。

アルゼンチンの公園の写真(小宮信夫撮影)

 この写真を見てほしい。このアルゼンチンの公園では遊具の周りは柵で囲まれ、近くにベンチはなく、植木もない。海外では公園で遊具の周りはしっかりと柵で囲まれている。入りにくく、親以外の大人がそばにいれば不自然に思われる。無関係な大人が座れるベンチもなく、遊具の周りには見通しが悪くなるので植栽を減らしている。大人の休む場所にはベンチが置かれ、緑も多い。大人と子どもが過ごす場所がしっかりと分けられている。子ども専用のスペースに見知らぬ大人がいることが不自然に感じられることによって防犯効果が高まっている。

韓国の駅のトイレ。身体障害者用のトイレも男女別に分けられている。また入りにくい奥に女性用のトイレを配置している。(小宮信夫撮影)

 また、こちらの写真を見てほしい。韓国では身体障害者用のトイレでも男女が分けられている。日本で最近増えている「誰でもトイレ」。公衆の場でよく見られるが、誰でも入れるということは、後ろをつけられていたとしても不自然ではなく、犯罪の機会を増やすことになる。海外では間違えたふり、を許さないよう、ほかにも男性と女性のトイレを離して設置したり、入り口に大きく男女の絵を描いたりしている。性犯罪をたくらむ者にとって、こうした作りは心理的な壁になる。

 「誰でもトイレ」を利用しているLGBTの方がいるかもしれないが、トランスジェンダーの人以外は男性用・女性用トイレを使うことに問題はないはずだ。トランスジェンダーの人専用のトイレを作ることが理想的で、男女のトイレを一緒にすればいいということではない。

通学路の工夫

サモアの小学校前に設置されているハンプ(小宮信夫撮影)

 海外では、通学路も防犯・安全の工夫が凝らされている。学校の周りの道路に、車の減速を促すこぶ(ハンプ)を設置していることが多い。車がスムーズに行き来できないことは入りにくい空間づくりにつながる。ハンプを通学路に設置すれば、暴走車が通学途中の子どもに突っ込む、といった事故を減らすことにもつながる。海外ではタンザニアやサモアといった、道路事情がよくない地域でもよく見られる。日本でも2001年に道路構造令の改正により、ハンプの設置が認められるようになったが普及は進んでいない。通学路などへの設置を増やすことを検討したほうがよい。

 千葉の事件でも集団登校を実施していなかったが、一般的に、通学路の交通量が激しいので集団登校をしないという声も聞く。そうした懸念はハンプを設置すれば解決できるはずだ。

犯罪の芽をつぶすには人に注目せず、場所に注目せよ

写真集を刊行した小宮教授

  ──千葉の事件では、容疑者が元保護者会長ということで衝撃が走った
 世間では知っている人じゃないか、しかも守っている方じゃないかということで、親たちは子どもに「すべての人を信用するな」と教える方向になってきている。世の中の人は人に注目しているので、自分の予想した人以外の人が犯罪者になると「まさか、あの人が」とびっくりしてしまう。まずはびっくりしないような意識構造を持つことが必要。そのためには「犯罪機会論」を知る必要がある。

 ──犯罪機会論とは
 犯罪のチャンスがあるからこそ犯罪が発生するという考え方のことだ。先生であっても、警察官であっても、保護者会の会長であっても、犯行パターンは共通しているものがある。同じような場所を選んで犯罪に及ぶ。入りやすく、見えにくい場所だ。子どもを物色する場所、接触する場所、ひったくりが起こる場所、空き巣に入られる家、すべて入りやすく、見えにくいという条件がある。どんな人が犯罪者か、見た目では判断できない。学校や道路、公園、家などで犯罪のチャンスをなくせば犯罪は行われない、という考え方ができる。犯罪の動機をなくすのではなく、あきらめさせるというところが大事だ。

刊行された写真集「写真でわかる世界の防犯」

 ──この写真集をどんな人に読んでもらいたいか
 街づくりに関わる自治体関係者はもちろんだが、一般の人にも是非見てもらいたい。自治体が公園を作ったり、街づくりを行ったりするとき、一般の人に意見を聞く機会が必ずある。今は住民ぐるみで計画を立てることも多い。そのときに犯罪機会論の知識があれば、犯罪が起こりにくい空間づくりにつながるはずだ。犯罪が起きたときには同情論が起こり、安全な街づくりに関心が向きやすいが、実際はなかなか前に進まないのが日本。写真集の好例を参考に、日本でも犯罪をあきらめさせるような街づくりが進んでほしい。

 【こみや・のぶお】立正大学文学部教授。社会学博士。日本人として初めて英国ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科を修了。著書に「犯罪は予測できる」(新潮新書)など。

あわせて読みたい

「犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  5. 5

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  6. 6

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。