記事

公表すべき事件を怠ったオリンパス役員達の責任の追加(株主と会社)

オリンパスの損失隠しは底が見えない。奈良市在住の株主が11/2付の株主代表訴訟の訴え提訴通知をした。

株主の権利弁護団HP参照
http://kabunushinokenri.com/modules/achievement/content0016.html

その後に会社の公表資料などで被告とすべ取締役、監査役は増え合計47名及び監査法人2者になったようだ。上記47名及び2監査法人は「損失計上先送り」が開始されていたであろう平成11年以降の、取締役、監査役、会計監査人である。

近いうちに新たに提訴通知を追加するようだ。

そのうち、非常に興味を感じたのは マイケル・ウッドフォード氏を解任した件の新たな損害を追加する動きだ。

マイケルウッドフォード氏は、9月下旬、取締役のみならず、社外取締役、監査役に対しても、巨額の違法支出について質問する手紙を電子メールで送った。

このような場合、当時の役員らは代表取締役から、違法行為の疑いの指摘があったのであるから、同事実が真実であるかどうかを早急に調査し、もしそれが真実であると判明した場合には、その違法、不正行為に対する必要な措置(その事実を公表するなどの措置を含む)をを早急に取るべき注意義務がある。

しかるにその義務に背き、安易にマイケルウッドフォード氏を全員一致で解任し、そのあげくジャイラス社及び国内3社の買収について適切な評価、手続きを経て実施したと虚偽の事実を公表したことだ。

このような当時の取締役らの無責任な行為がオリンスのガバナンスが機能不全に陥っている醜態を世界のさらけ出す結果となった。

この為に会社の受けた信用損害は巨額であり、かつこの信用回復の為にもその損害が拡大する。この信用損害並びに信用回復損害はすくなく見積もっても100億円は下らないとして、新たな提訴請求をする予定という。

ダスキン事件でも公表すべき時期にそれを隠ぺいした責任が認めれれ役員に信用回復の為の損害の賠償を命じた。同じ問題である。

ダスキン役員の「不作為」責任(株主と会社13) 参照
http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/37909646.html

トピックス

ランキング

  1. 1

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  2. 2

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  3. 3

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

  7. 7

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    O157トング犯人扱いはとばっちり

    山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)

  10. 10

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。