記事

フェイクニュースに騙されないために ── 読者の技量、そして生じる責任



 インターネットが一般に普及し始めてから約20年が経ちます。キュレーションやブログ、SNSなど「流通」のテクノロジーが劇的に進化し、これに呼応するように新興企業や個人など「生産」を担うメディアの数も激増しました。ネットのテクノロジーの恩恵を誰もが普通に受けられるようになったものの、不安も多く生まれています。インターネットのメディアはどこに向かうのか。『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』(晶文社)を出版した報道イノベーション研究所の代表を務める松林薫さんに話をうかがいました。

問題対処のための制度を作っていく段階に

報道イノベーション研究所の松林薫代表

 ネットメディア以前の話として、ここ1〜2年でインターネットの世界自体が大きく変わりつつあり、新しいフェーズに入っている。インターネットは95年が元年と言われているが、それまでは技術者、研究者ら専門的な知識を持っている人のものだった。新大陸の発見のようなものだった。

 その後、インターネットの世界に移動してきた人たちは、既存の社会ではみだした、いわばサブカルのような“尖った人たち”だった。そこに可能性を見出すフロンティアがあったからだ。たとえば著作権をめぐるような問題もあったが、そこには自由があり、インターネットは成長していった。

 2010年あたりになると、そこでビジネスができるのではないかと一般の人たちもネットに移動し、急成長を遂げた結果、さまざまな問題に対処するための制度を作っていかなければならない段階に来た。

増える一般紙の有料記事、無料の記事が読めなくなったら?

松林薫代表は、市民の責任が重くなっていくと話す

 去年の後半から無料で読める記事が急速に減って来ている。各新聞社がついに紙の販売では立ち行かなくなり、本気でインターネットに向かおうとしているからだ。先頭を走っているのは日経だが、かつて、インターネットだからと無料で提供していた記事が無料でなくなってきており、全国紙が出している「鍵付き」の記事(有料記事)がどんどん増えている。課金というビジネスモデルを紙からインターネットに移植していくぞという予兆だ。

 一般紙の出す記事が有料でしか読めなくなった場合、想像だが、2つの可能性がある。

 一つは、かつての時代に戻るだろう。つまり、誰も新聞を読まなくなるということだ。いまは、実は新聞は読まれている時代だ。紙の新聞はとっていないが、ネットを通じて新聞記事をネットのニュースを通じて読んでいる。無料の記事はゼロになることはないだろうが、少なくとも減っていく。

 もう一つは、「こんなことをメディアが報じているよ」ということを受けて伝えるということだ。既存の新聞も現地の海外のニュースを引用することで報じている。そういう形でインターネットのニュースが形作られる可能性がある。

ネットニュースは信頼できないのか?

 「ネットニュースは信頼できないのか?」と一括りにしないほうがいい。ざっくりいうと、情報を出すまでにどれくらいのフィルタがかかっているかが本質だ。役所なら信頼でき、新聞社が誠実だとか、ネットは軽薄だということを言いたいのではなく、事実を確認するのにどれだけの人を割いて、制度的にフィルタを作っているかという点に注目している。

 新聞社は情報が出るまでたくさんのチェックを受ける。もちろん誤報もあるが、それが問題になるくらい確率が低いということだ。ネットもいろんなものがある。ブログは一人で書いて一人で出すから、フィルタはない。個人の一人ができることは限られている。自分が信じていることが間違えているということはよくある。

 頼りになるのは、デスクや校閲だ。新聞では制度的にそうなっている。怪しいものは再チェックし、最終的に間違いが含まれている可能性の小さいものが出てくるようになっている。その仕組を持っていないメディアは、ネットか紙かを問わず危険だ。信頼できるのは、紙かネットかの問題ではない。

 ネットニュースでは、チェックを受けなかった記事と、何重のチェックを受けた記事も同じ場所で読めてしまう。そういうことを意識して読まなければならない。そうした責任は、読者の側に求められてしまっている。

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  9. 9

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  10. 10

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。