記事

文在寅氏の勝利を北朝鮮は核実験継続宣言で歓迎?

昨日(5月9日)行われた韓国大統領選では、予想通り北朝鮮に対して太陽政策を主張する文在寅(ムン・ジェイン)氏が41%の得票率で勝利した。

同日北朝鮮のチェ・イル駐英大使が就任後初めてのSky Newsのインタビューで、北朝鮮は6回目の核実験を行う予定があると述べた。

ブルンバーグによると、この報道を受けて米国株(ダウとS&P500)は下落した。もっともナスダックは最高値を更新しているし、エネルギー価格の下落なども株価下落要因だったので、北朝鮮の核実験予定報道がどの程度マーケットを湿らせたのかはわからない。

またチェ大使の発言が文氏の大統領選勝利とリンクしているのかどうかも分からない。

文氏は大統領選挙中「韓国は米国に対してノーということを学ぶ必要がある」と主張していた。WSJ等では文氏の親北政策がトランプ政権の掲げる北朝鮮制裁強化策と摩擦を起こす可能性が高いと懸念する声を目にする。

もっともブッシュ政権で北朝鮮政策にアドバイスを行っていたビクター・チャ氏は「もし北朝鮮が核実験・ミサイルテスト等を行えば、おそらく文氏は意味のない融和策を模索しないだろう」と述べている。

もし北朝鮮が韓国との経済連携を強化し、さらに米国との対話を望むならこの時期の核実験・ミサイルテストは全くの「逆噴射」だと思うのだが、何を考えている国だかわからないので、北の暴走リスクは遠のいたとも判断しにくい。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新駐米大使で慰安婦問題が解決か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  3. 3

    志村けん新・側室はアノ女優の娘

    文春オンライン

  4. 4

    平昌五輪 フィギュアで採点不正?

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    高木美帆&菜那「転べ」と嫉妬も

    女性自身

  6. 6

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  7. 7

    五輪で見えた北主導統一シナリオ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    獄中の籠池氏 一時は車椅子生活

    文春オンライン

  9. 9

    橋下氏 夫婦別姓の実現に究極論

    PRESIDENT Online

  10. 10

    山尾氏 安倍総理の改憲案に苦言

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。