記事

TPP米国側から日本参加反対の声が

米自動車大手3社でつくる業界団体「米自動車通商政策評議会: American Automotive Trade Policy Council:AAPC」は2011年11月11日、日本が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加することに反対する声明を発表した。同評議会のマット・ブラント Matt Blunt代表(右)は、米国の対日貿易赤字の7割は自動車関連が占める、と指摘。その上で、「日本の自動車市場は先進国の中でも最も閉鎖的だ」と主張し、日本のTPP交渉参加は、「日本に都合の良い通商慣行を正当化し、重要な通商合意の進展を妨げる」と批判した。参照記事日本語



昨年の米国から日本への輸出は8000台で、対照的に米国への輸出は150万台という数字がある。TPPによるメリットは、車に関しては日本が車の部品、本体をより輸出しやすくする効果しかないという米国自動車業界の主張だ。米国では、自動車産業が集積するミシガン州知事や同州選出の上院議員からも日本のTPP参加に反対する声が出ている。参照記事 

トピックス

ランキング

  1. 1

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  2. 2

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  3. 3

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  4. 4

    築地延期で損なった都民の利便性

    WEDGE Infinity

  5. 5

    北のマンション建設は防衛目的か

    高英起

  6. 6

    橋下徹氏「核議論が安全保障に」

    橋下徹

  7. 7

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  8. 8

    田原氏らが共謀罪反対へ記者会見

    THE PAGE

  9. 9

    元乃木坂の橋本奈々未が男と密会

    文春オンライン

  10. 10

    脱北者増やす北朝鮮の勘違い教育

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。