記事

少数派の尊重と国防軍が民主主義の要

地方のテレビ局やその他のメディアから共謀罪の取材を受けて、帰宅してライジングの仕事して、『おぼっちゃまくん』3本目を考えているが、クライマックスが出ない。
悶々と考えているだけだ。

共謀罪について話すときは「どうせ自分は関係ない世界」という多数派の無関心をどう突破するかが、本当に難しい。

この社会は、常に「物言わぬ市民」が多数派であって、一生、なにごともなく暮らす人の方が多いのだ。
社会や、国家権力に対して、「物言う市民」になることはほとんどないだろう。

だが、この社会には、たまたま「物言う市民」とならざるを得ない少数派が発生するわけだ。
薬害エイズ運動はそうだった。
拉致被害者たちもそうだろう。

その少数派のことを、多数派はまず考えない。
「自分には関係ないこと」として知らんぷりだ。
これは「民主主義」の捉え方が間違っているからであり、実は民主主義というものは、少数派の権利を尊重する考え方なのだということが国民は身に付いていない。

民主主義とは、多数決で勝った者たちが、少数派の権利を踏みにじっていいとしか、教わってないのではないか?
ネトウヨなどは完全にそう思っているし、自民党議員もそう考えているだろう。

民主主義の基本的な考え方を小学校のときから学ぶべきではないだろうか?
もちろん、民主主義とは国防軍なしには成立しないということも含めて教えるべきだろう。

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  4. 4

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  5. 5

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  6. 6

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。