記事

金正恩体制の「虐待」から逃げ出す北朝鮮の女性たち

金正恩氏

北朝鮮から逃れて韓国入りした脱北者のうち、女性の割合が圧倒的に多くなっていることが、韓国の統一省の統計で明らかになった。なぜ、北朝鮮の女性らは、金正恩体制から離れていくのだろうか。

人身売買も

統一省によると、今年3月末までに韓国入りした脱北者の総数は30,490人だった。そのうち女性は21,672人で実に71%にも及ぶ。

過去の統計を見ると、2002年に韓国入りした脱北者1,142人のうち、女性は632人で55%、2003年は63%、2004年は67%、2005年が68%と増え続けていた。2016年に韓国入りした1,418人のうち、女性は1,119人で79%に達した。そして、今年1月から3月末までに韓国入りした278人のうち女性は232人と83%にも達した。

この数字の背景には、北朝鮮社会で女性が虐待とも言うべき被害を受けていることがある。北朝鮮は表向きは男女平等を謳っている。しかし、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内では、セクハラや性的暴力が常態化し、権力者たちは「喜び組」に象徴されるように、女性を慰み者にするなどやりたい放題だ。この問題が深刻なのは、そもそも「人権」の概念すら教えられていない彼女らは、人権侵害に遭っても告発する言葉も手段もないことだ。

(参考記事:美貌の女性の歯を抜いて…崔龍海の極悪性スキャンダル

北朝鮮から脱北しようと決意した女性らのほとんどは、まずは隣接する中国へ行かざるをえないが、いい暮らしができるとはかぎらない。中国国内では不法滞在者に過ぎないことから、裏社会の恰好の餌食となる。1990年代末、28歳のときに脱北したコ・ジウンさんは、自身が中国で2度にわたり人身売買の被害に遭った悲惨な体験を語っている。

(参考記事:「中国人の男は一列に並んだ私たちを選んだ」北朝鮮女性、人身売買被害の証言

なかには農村に嫁いで、それなりの暮らしを送る女性もいる。それでも夫の稼ぎが少ないことから、ネット上で性的なポーズを見せるなどの「アダルトビデオチャット」に従事するケースもある。

(参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち

わずかな希望をもって命がけで中国に行ったものの、そこは安住の地ではなかった。となると、韓国をめざすようになるのは、ごく自然な流れと言える。もちろん、韓国で必ずしも幸せな生活が待っているとはかぎらない。しかし、まずは韓国国民として身分が保障される。頑張ればそこそこの暮らしが可能で、チャンスがあれば成功も手に入れることができる。なによりも、北朝鮮と違い自由を満喫できる。

脱北者の中には、韓国ではなく日本を新たな生活の地に選ぶ人もいる。日本でコンビニエンスストアで働くある脱北女性は、次のような感想を述べた。

「仕事は複雑で大変です。でも、働けば働いた分だけ給料をもらえる。北朝鮮にいた時は、なにかと理由をつけて天引きされて、残る給料はわずか。給料だけでなく残業代をもらえた時は新鮮な感じがしましたし、本当に感動しました」

脱北して中国に潜伏し、その後、韓国や第三国へ向かう過程で多くの女性らが悲惨な体験をしているが、彼女たちは懸命に生き延びている。その一方で、北朝鮮男性の多くは国内でもまともな給料がもらえない企業所(会社)に出勤する義務に縛られており、商売すらする余裕がない。そうして生活がひっ迫し、妻から三行半をつきつけられるケースも多い。

女性らの脱北の増加は、こうした家庭レベルでの現象を通り越して、もはや国家体制、すなわち金正恩体制が女性から三行半をつきつけられていることを物語っている。

(参考記事:金正恩氏をとことん追い詰めようとする女性たち

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。