記事

喝(かつ)!

 東日本大震災について「まだ東北だからよかった」と発言した今村復興相が大臣を辞任しました。被災地に寄り添う立場から復興を加速させる任にある者として、まさにその任にあらずの暴言であり辞任は当然です。おそらく1年前の熊本地震についても「自分の地元佐賀でなくてよかった」と、心の中では思っていたのではないでしょうか。

 その3週間前にも今村氏は、福島県などからの自主避難者について「自己責任」だと失言しています。この時同氏をかばった安倍総理の任命責任も厳しく問われなければなりません。

 安倍政権を支える政務3役や自民党幹部の言動が、最近相次いで問題になっています。止まらぬ舌禍や不祥事は、1強政権の弛みと驕りを反映しています。にもかかわらず、内閣支持率はほぼ横ばいを保っています。失言等が軽微な影響にとどまっているのは、挑発行為を繰り返す北朝鮮の脅威が安定政権の下支えになっているからでしょう。しかし、気の弛みに対して寛大な姿勢は、政権の弛みをさらに助長する悪循環をもたらしています。

 4月29日早朝、北朝鮮がまた弾道ミサイル1発を発射しました。今回も失敗したとはいえ、北朝鮮は国際社会の圧力に屈しない姿勢を示しています。わが国の報道もワイドショーも含めて、まるで開戦前夜のようです。ところが、安倍政権は国民の不安と全く乖離した行動をとっています。

 大型連休中に海外出張した閣僚は、総理も含めて11名。重要な会談や国際会議への出席は否定しませんが、首をかしげざるを得ないものも相当にあります。例えば、「学芸員はがん」と失言した山本幸三・地方創生担当大臣。タンゴがお好きと聞いたことがありますが、だからアルゼンチンに行ったのでしょうか。「土人発言」を容認した鶴保庸介・沖縄北方担当大臣は、なぜかイスラエルへ出張。沖縄県民と寄り添うための日程はなぜ組まないのでしょうか。副大臣や政務官まで対象にすると、連休中の海外出張は約30人になります。

 お寒い限りの危機管理意識です。この信じられない脇の甘さを許しているのは、野党第1党の無力もあるかもしれません。もっと力をつけて、政権に緊張感を与えなければなりません。

 8日は衆院、9日は参院で予算委員会集中審議が入りました。両審議を皮切りにGW明けは弛みきった安倍政権に喝を入れていかねばなりません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  2. 2

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  3. 3

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  4. 4

    食い逃げ 処罰できないケースも?

    三浦義隆

  5. 5

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  6. 6

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  8. 8

    ちふれ炎上にみる女性の息苦しさ

    キャリコネニュース

  9. 9

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

  10. 10

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。