記事

フランス新大統領夫妻への反応に見る仏社会の「女性観」

Cecilia Rodriguez ,CONTRIBUTOR

どの写真の中でも、どんな場面でも、常に彼の横にいる女性、彼のキャリアに深く関わり、彼がフランス大統領を目指すきっかけになったとされる「なくてはならないパートナー」──そう評されるブリジット・マクロンは、夫エマニュエルが仏大統領選の第1回投票で勝利したとき、誰よりも最初に感謝の言葉を贈った人物だった。

フランスで5月7日に行われた大統領選の決選投票に進むことが決まったとき、エマニュエル・マクロン前経済相は、「ブリジットがいなければ、私は今の私ではなかった」と述べた。すると、集まった支持者らの間からは「ブリジット」コールが起きた。

夫妻が2007年に結婚したときの証人でもあるマクロンの選挙顧問は、英インディペンデント紙に対し、「ブリジットの存在なしでは、マクロンはこの“冒険”に乗り出すこともできなかっただろう」と語っている。「彼女の存在は、彼にとって不可欠」だという。マクロンはすでに、大統領に就任すればブリジットを何らかの役職に就け、大統領夫人の地位を公式なものとする意向を明らかにしている。

「何も恐れない」女性

率直に物を言うブリジットは、細身でブロンド、日焼けした肌の上品で華やかな女性だ。ファッションショーの前列にも頻繁に姿を見せ、その様子はスタイリッシュなフランスの女性誌に掲載されることも多い。

仏レクスプレス誌はブリジットについて、「ミニスカートや超ハイヒール、ノースリーブ、革のパンツなんてもう無理だとは絶対に言わない女性」と評している。「何も恐れない」女性だという。

だが、そのブリジットを「更年期のバービー人形」と呼び、中傷する人たちもいる。悪く言う理由は主に、64歳というその年齢と、39歳という夫の若さだ。だが、夫妻の年齢差はドナルド・トランプ米大統領と妻メラニアと同じ。違いはただ、男性が年の離れた若い妻を持つことは有利に働くと見られる一方で、逆の場合は侮辱や悪ふざけ、不信感、批判の対象にされるということだ。

「クーガー」との呼び名も

世間やメディア、特にソーシャルメディア上では夫妻について、次のようなコメントが目立つ。

「一緒にいるのはお母さん?」「おかしな関係だと思わない?」「年上の女性を望む男性などいない、あり得ない」

また、マクロン夫妻を若い男性が好きな年配の女性を指す「クーガー」と、先生のお気に入りの生徒を意味する「シュシュ」と呼ぶ人たちもいる。

こうした見方をする人たちについて、エル誌は最新号に掲載した記事で、フランスの「ミソジニー(女性蔑視、女性嫌悪)」を批判している。

さらに、「何千年も前から、高齢男性と若い女性のカップルは世界中を興奮させてきた。一方で、社会は高齢女性と若い男性の夫婦に対しては明らかに、恐ろしく異常な反応をする」と指摘。「私たちはこの男性的で社会性のない、鼻を突くようなユーモアに、今後もずっと耐えていかなければならないのだろうか?」と疑問を呈している。

その問いに対する答えは、「その可能性は非常に高い」だ。ミディリブレ紙は決選投票の結果を受け、「(フランスは)3人の子持ち、7人の孫がいるファーストレディーを迎えることになる」と伝えている。

出会いから結婚まで

マクロンの人生、そして選挙活動のあらゆる面で、控え目にではあるものの、常に存在感を示してきたブリジットは、元フランス語とラテン語の教師だ。1953年4月13日、仏北部アミアンにある有名なチョコレートメーカーを経営する裕福な一家の6人きょうだいの末っ子として生まれた。

二人が出会ったのは、マクロンが15歳、ブリジットが40歳だった1992年。イエズス会系の私立高校の生徒と既婚の教師だった。恋愛関係に発展したきっかけは、ブリジットが顧問を務めていた演劇部の台本を一緒に作ったことだった。

マクロンのブリジットに対する気持ちを知った彼の両親は反対し、息子には18歳になるまで待つよう伝え、パリの高校に転校させた。マクロンはパリに発つ前にブリジットに対し、こう言ったという。

「あなたが何をしようと、僕はあなたと結婚する」

二人はその後も連絡を取り合い、ブリジットはマクロンが18歳になるまでに夫と別れ、パリで新たに教師の職を得た。それ以来、二人は共に人生を歩んでいる。マクロンは結婚式でブリジットの子どもたちに対し、自分たちの関係を受け入れてくれたことに感謝の気持ちを述べ、自分たちが一般的な夫婦ではないことを認めた上で、実際に「存在する」カップルなのだと伝えたという。

編集=木内涼子

あわせて読みたい

「エマニュエル・マクロン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  2. 2

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  3. 3

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  4. 4

    食い逃げ 処罰できないケースも?

    三浦義隆

  5. 5

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  6. 6

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  8. 8

    ちふれ炎上にみる女性の息苦しさ

    キャリコネニュース

  9. 9

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

  10. 10

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。