記事

誤解を生んだテスラ3のネーミング

電気自動車(EV)を、はじめて自動車市場の注目プレイヤーにしたテスラ社ですが、売上はどんどん伸びてきているにもかかわらず、相変わらず赤字が続いてます。この1~3月は、売上高は前年同期から2倍余りの27億ドルに達していますが、純損益はの3億9720万ドルの赤字で前年よりも40%赤字が膨らんだことになります。たとえ赤字が続いても、どんどん事業を伸ばしていくのはアマゾンと同じでしょうか。グラフはこの3期のテスラの年間売上高(緑)と損益(青)の推移です。

23
TSLA Income Statement | Tesla, Inc. Stock - Yahoo Finance :

そのテスラが車のネーミングで顧客に混乱を生じさせてしまったようです。問題は「テスラ3」のネーミングです。テスラ3は、販売価格が35,000ドル、およそ400万円弱で 、量産車としてのテスラを担う新モデルで、今年の半ばには量産がスタートします。電気自動車普及の弾みになる可能性を秘めたモデルではないでしょうか。

しかし、ネーミングに数字を入れてしまったために、あたかも現在の販売価格が最低でも900万円する高級モデル「テスラS」の次世代後継車種だという誤解を生み、顧客を混乱させることになってしまったとウォールストリート・ジャーナルが伝えています。数字で進化をイメージさせるスマートフォンのネーミングの影響でしょうか。現在は予約販売中ですが、そう思って予約した人もいるのでしょう。

誤解を生んだネーミングですが、もともとは、テスラのマスクCEOが、高級セダンのテスラ「S」、スポーツタイプSUVのテスラ「X」、そこにランワンク安い車種のテスラ「E」を投入して「S-E-X」のラインアップを完成させ、そしてその次がテスラ「Y」で「SEXY」のネーミングでシリーズ化しようとしていたようです。しかし、テスラ「E」はフォードとの商標権問題で使えず、苦肉の策で「E」を逆さにして「3」にしたことの思わぬ誤算のようです。テスラのマスクCEO、「S-E-X」への拘りがあだに - WSJ :

さてモデル3は、一回の充電で345kmの航続距離を目指しているとしています。日産のリーフが280Kmです。モデル3の売れ行きは、どのあたりにユーザーが求める航続距離の最低ラインがあるのかを占うだけに、注目したいところですが、デビュー前に、顧客がモデルSからより安いモデル3に流れてしまう事態をよんだことはなかなか世の中思い通りにはいかないということでしょうか。
電気自動車は価格にしても航続距離にしても、電池が鍵を握っていますが、電池はイノベーションの壁にぶちあたってしまっていると聞きます。ということは、電気自動車の時代への道のりはまだ遠く、見事にワープするにはもう一段の技術イノベーションが求められているようです。

あわせて読みたい

「テスラモーターズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  4. 4

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  5. 5

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  6. 6

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  7. 7

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  8. 8

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  10. 10

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。