記事

「留学生で町おこし」への疑問:岡山県瀬戸内市の場合 - 出井康博

1/2

留学生向けの専門学校に生まれ変わる予定の小学校(筆者撮影、以下同)

 岡山県南東部に位置する瀬戸内市――。2004年に「平成の大合併」で3つの町が一緒になって誕生した、人口3万8000弱の自治体である。その名のとおり、市は瀬戸内海に面していて、温暖な気候のもと農業や漁業が主な産業となっている。

 全国の多くの地方自治体と同様、瀬戸内市も「高齢化」と「人口減少」が悩みの種だ。市民の3人に1人は65歳以上で、人口は年200-300人ペースで減り続けている。そんななか、市では地域活性化のため、あるプロジェクトが進んでいる。来年春、外国人留学生を受け入れるためIT専門学校が開校する予定なのだ。

廃校を留学生向けの専門学校に

 そのニュースを私が知ったのは昨年夏、「産経新聞」電子版でこんなタイトルの記事を見つけたときだった。

 <廃校小学校舎を専門学校に再利用 瀬戸内市、留学生に田舎暮らしの場を>(「産経新聞」電子版2016年8月27日付け)

 多くの読者が気にも留めないような記事である。しかし私は、この3年間ほど外国人留学生の受け入れ問題をテーマにしている。そして瀬戸内市は、私の生まれ育った故郷でもある。

 離れて30年以上になるが、定期的に帰省しているので市の事情はある程度わかる。現在も市内には、私の母校の県立高校が1つあるだけで、他には高校や専門学校、大学もない。「IT」に力を入れているといった話も聞いたことがない。一方、特産品としては沿岸部で養殖される「カキ」がある。専門学校がつくられるのも、カキ養殖が盛んな集落である。つまり、カキの町にIT専門学校がつくられ、留学生が受け入れられるわけだ。

 専門学校に利用される小学校は13年、児童数減少のため廃校となった。周辺には空き家も目立つ。そんな空き家も留学生の寮として使う計画なのだという。

 記事はプロジェクトを好意的に伝えている。専門学校設立を進める地元出身のコンサルタントが「郷土への恩返し」を強調し、地元の社会協議会会長のこんなコメントも引用されている。

 「釣りなどのレクリエーションを通じて留学生たちと異文化交流をするのが楽しみ。今後は地域で、受け入れ組織も立ち上げたい」

 地元の人たちの善意は理解できる。だが、留学生を含め外国人労働者について長く取材している私には、無邪気に計画に賛成できない理由もある。

“偽装留学生の受け皿”にならないか?

 瀬戸内市のように「留学生で町おこし」を目指す動きは近年、全国各地で起きている。15年には奄美大島、16年には佐渡島といった意外な場所にも、留学生誘致のための日本語学校が開校した。廃校になった校舎を利用するモデルも、瀬戸内市が初めてのケースではない。たとえば、東京・奥多摩町でも廃校になった中学校舎に17年秋、日本語学校が開校する予定だ。

 こうした動きの背景には、政府が2020年の達成を目指す「外国人留学生30万人計画」がある。留学生の数は昨年末時点で27万7331人に達し、12年からの4年間で10万人近く増えている。その入り口となっているのが日本語学校である。日本語学校は過去10年で200校以上も増え、全国で600校以上を数えるまでになった。しばらく前までは都市部に集中していたが、最近では地方でも続々と誕生している。

 留学生の急増は、出稼ぎ目的の外国人が受け入れられた結果である。過去の連載(「『留学生30万人計画』の悲しき実態」2014年12月2日)でも触れたように、留学ビザの発給基準が緩み、一部のアジア諸国から“偽装留学生”が大挙して押し寄せている。とりわけ増加が目立つベトナム人の場合、留学生の数は6万2422人に達し、過去4年で7倍以上にも膨らんでいる。

 ベトナムなどからの留学生が急増している理由について、新聞などではよく「日系企業の現地進出が増え、日本語の学習熱が高まっている」といった解説がなされる。しかし、それは的外れな指摘だ。彼らの多くは、単純に「出稼ぎ」が目的なのである。

 そうした“偽装留学生”は、多額の留学費用を借金して来日する。日本に行って働けば借金など簡単に返せ、母国に仕送りもできると考えてのことだ。人手不足が深刻化している現在、日本語が全くできない留学生でもアルバイトは簡単に見つかる。ただし低賃金・重労働の仕事ばかりで、留学生に許される「週28時間以内」というアルバイトの制限を破って働いても、借金はなかなか減らない。そのため翌年の学費の支払いを逃れようと、日本語学校から失踪する留学生も増えている。外国人の不法残留者が3年連続で増加中なのも、留学生の失踪が大きく影響してのことなのだ。

 留学生が日本語学校に在籍できるのは2年間に限られる。出稼ぎを続けるためには、「留学ビザ」を更新しなければならない。そこで彼らは専門学校や大学へと進む。

 日本人の学生不足に直面する大学などには、日本語能力を問わず入学できるところも少なくない。

 瀬戸内市に誕生する専門学校が、“偽装留学生”の受け皿だと断言するつもりはない。しかし、現在の留学生をめぐる状況、そして市の実態を知る私には、「留学生で町おこし」モデルの危うさを指摘せずにはいられない。

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  2. 2

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  3. 3

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  4. 4

    死ぬまでSEX 現代高齢者の性事情

    PRESIDENT Online

  5. 5

    慰安婦問題 失敗だった謝罪姿勢

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    インスタで増加 脱ぐ女性の動機

    NEWSポストセブン

  7. 7

    慰安婦と軍艦島 韓国若者の本音

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大ヒットネトウヨ本の粗末な中身

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ハイボールがNYで大ブームの予感

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  10. 10

    尾木ママ いじめは逃げるが勝ち

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。