記事

北朝鮮情勢 中共が石炭禁輸実施 激減か


(出所)国連安保理北朝鮮制裁委員会 公式サイト

黄金週間(ゴールデンウィーク)も終わりを迎えました。今年は五月晴れが続きましたので、良い連休となったでしょうか。

国連安保理の北朝鮮制裁委員会(正式名:国連安保理決議1718(2006年)に基づいて設立された安全保障理事会委員会)が、北朝鮮起源の石炭輸出量の加盟国から月次報告の最新版を公式サイトで発表しました。

https://www.un.org/sc/suborg/en/sanctions/1718/procurement-of-dprk-coal-by-member-states

それによると、北朝鮮起源の石炭輸出量は、以下です。報告した加盟国は1国のみとなっていて、公式サイトでは名指しされていませんが、中共です。

2017年

1月 1億2639万0037・84米ドル 144万1,985.6トン

2月 1億0459万0640米ドル   123万2000トン

3月 57万5219・4米ドル      6,342トン

北朝鮮から中共への石炭輸出量が、200分の1以下となり激減していることが分かります。今年2月に中共は対北朝鮮制裁を実施すると表明していました。この報告は中共自体の自己申告であり、本当かどうか確かめようがないのですが、北朝鮮の中共への異例の批判が出ており、中共への石炭輸出が減少していることは間違いないと思われます。

北朝鮮による核とミサイル開発を受け、昨年11月採択の安保理決議2321(2016年)に従って、北朝鮮起源の石炭の全加盟国への総輸出量は、2017年1年間で、4億0087万0018米ドルまたは750万トンのいずれか低い額を超えてはならないとされています。

石炭は、北朝鮮の主要な外貨獲得手段であり、貿易の8~9割は中共と言われていましたので、中共が本気で経済制裁を実施したとなると相当な影響が出ていると思われます。

トランプ米国政権からの中共への圧力もあり、中共自体も北朝鮮へのやりたい放題に対して、お灸をすえる意味もあったと思われます。北朝鮮もこの事態を静観するつもりはなく、ロシアとの関係強化(万景峰号就航等)を模索し、韓国の大統領選の行方を見据えて、またぞろ動いてくることでしょう。

我が国は、この機会を捉えつつ、拉致・核・ミサイル問題の解決に向けて、日米同盟や友好国の関係強化を図る等の外交攻勢(北朝鮮と外交関係樹立国は162か国もある)に出るとともに、巡航ミサイルの配備等敵基地攻撃能力の確保に向けて、防衛努力を続け、万が一の事態に備えて、在韓邦人の避難やテロ対策等、備えを進めるべく、与党の一員としてしっかり政府を支援していきたいと思います。私は、国内での経済制裁のさらなる強化として、一番有効である朝鮮学校への支援停止を引続き求めていきます。

 私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、全ては国家国民のために、日々全身全霊で取組みます。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。