記事

フランクミュラーはなぜ銀座シックスで日本酒を販売するのか?

170507FrankM2

先週から続いたゴールデンウィークも今日でおしまい。明日からは、平常な生活に戻ります。ゴールデンウィーク中に東京で最もにぎわった商業施設と言えば、やはり銀座シックス(GSIX)でしょう。

ゴールデンウィーク中は、一時入場制限をするほどの大人気だったようです。私も、銀座に出かけた時に、少しだけ中に入ってみましたが、エスカレーターが大混雑で、正面の中央通りは人が溢れかえっていました。銀座の人の流れは明らかに数寄屋橋側から東銀座側にシフトしているようです。

しかし、GSIXのお店を見てみると、お客さんが全く入っていないお店も結構あり、買い物客でごった返しているお店と2極化していることに気がつきます。よく知られている有名ブランドはどこも賑わっていましたが、日本での知名度の低いブランドは、店員さんが手持ち無沙汰にしている状態でした。

来館者数は非常に多く、再開発は大成功したかに見える銀座シックスですが、おそらく高い賃料と思ったほど伸びない売り上げで、今後撤退するテナントが出てくると予想します。そのような中で、意外に健闘していたのが、高級時計のフランクミュラーです。広い時計売り場にはGSIX限定モデルも登場し、多くのお客さんが入っていましたが、それよりも気になったのが、時計売り場の横にあるマロングラスやお酒を売っているブティックです。

写真はそこで販売されていたフランクミュラーの日本酒と言う不思議なコラボ商品です。一升瓶で10,000円程度と言うこのブランドしては、「良心的な価格」のせいか、店長に話を聞くと1日に5本程度は売れているそうです。同じコーナーで販売していた1粒2,500円もするフランクミュラーのマロングラッセも完売していました。もしかしたら時計よりも飲食の方が坪単価の売り上げは高いのかもしれません。

このフランクミュラーから1分足らずの距離にあるSHINOBY’S BAR 銀座で、フランクミュラーの日本酒を提供しながらフランク三浦の時計を販売してみたら、面白そう。また思い付きのアイディアが出てきました。

フランクミュラーは、なぜ銀座シックスで日本酒を販売するのか。その理由はよくわかりません。しかし、入っているテナントの中で、マーケティングが最も成功しているブランドであることは確かだと思います。

■ 累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年5月7日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。