記事

苦境の金正恩氏が「違法薬物」に走った? 北朝鮮、大麻・ケシの栽培開始か

金正恩氏

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が最近報じたところでは、北朝鮮の女性団体が大麻の大々的な栽培に乗り出したという。一方、脱北者らが作る韓国のNGOは、北朝鮮がアヘンやヘロインの原料となるケシの栽培を再開したと指摘している。いったい、何が起きているのか。

北朝鮮がかつて、国策として覚せい剤を量産し、日本など海外へ密輸し外貨を稼いでいたのは周知のとおりだ。

しかしその後、覚せい剤など違法薬物の製造技術が国内で拡散し、青少年を含む国民の乱用が深刻化。金正恩体制は発足当初から、違法薬物を厳しく取り締まって来た。

(参考記事:一家全員、女子中学校までが…北朝鮮の薬物汚染「町内会の前にキメる主婦」

国民の退廃

ところが、RFAが今月2日に伝えたところによると、朝鮮労働党の指導下で女性らを統率する朝鮮社会主義女性同盟(女盟)が最近、女盟員(会員)に大麻の栽培を指示したことが明らかになったという。

北朝鮮の北部には、野生化した大麻が多く生えており、農民が刈り取って中国に輸出していると伝えられているが、あくまでも自主的にやっているものだった。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、女盟中央委員会は3月初め、女盟員1人あたり10坪の畑で大麻を栽培するよう指示したという。女盟はその際、大麻栽培の目的を次のように説明したという。

「大麻の種は、脂肪分が大豆の2倍もあり、良質の食用油が採れる。搾りかすはタンパク質が豊富に含まれているため、家畜の飼料に最適だ。10坪分の大麻は油10キロと飼料10キロになり、食用油と肉の不足をいっぺんに解決できる」

こうした指示はかつて、金日成主席も下したことがあるとされるが、その後は大麻について「うさぎのエサにしかならない雑草」ぐらいに考える人が大半になった。最近になり、野生化した大麻を刈り取って中国に輸出すればカネになることが知られ、一気に「カネのなる草」として脚光を浴びるようになったが、それも一部の地域でのことだったようだ。

(参考記事:北朝鮮は「大麻のパラダイス」なのか…世界の常用者から熱い視線

両江道の女盟員らも当初、大麻栽培の指示を真剣に聞いていなかったというが、中央から調査官が派遣されるに及び、大慌てで栽培を始めたという。

気になるのは、ここへ来ての大麻栽培が、本当に食糧問題を目的としているのかどうかだ。RFAの咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は、「大麻油と亜麻仁油は無人航空機(ドローン)に使う航空燃料の代用になるらしい」と語っているが、信ぴょう性がどの程度のものか、どうも判断がつかない。

一方、韓国のNGO・北韓戦略センターの姜哲煥(カン・チョラン)代表は3月、北朝鮮当局は金正恩政権が初期に麻薬との戦争を宣言してケシ畑を潰したが、最近になって、またもやケシ畑を造成していると述べた。

ほかにも、北朝鮮の対外保険総局での勤務経験があり、現在は韓国の国家安保戦略研究院の選任研究委員をつとめるキム・グァンジン氏が2月21日、スイスのジュネーブで開かれた第9回人権と民主主義のためのジュネーブ首脳会議で、北朝鮮当局が統治資金の確保のために海外で薬物と偽札の取引を行っていると述べた。

こうした断片的な情報からことの全容を見極めるのは難しいが、何しろ国際社会の対北朝鮮制裁の最中でのことである。金正恩党委員長が苦し紛れに危険な「薬物ビジネス」に手を伸ばし、国民の退廃をいっそう進めてしまうようなことのないよう願いたい。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  5. 5

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  6. 6

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  8. 8

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  9. 9

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  10. 10

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。