記事

仏大統領選討論会はマクロン氏優勢、ルペン氏に偽情報流布疑惑

[パリ 4日 ロイター] - 7日の仏大統領選の決選投票を控え、3日夜行なわれた候補者によるテレビ討論会では、中道系独立候補のマクロン前経済相が極右政党・国民戦線(FN)のルペン氏に勝ったとの見方が優勢となっている。

BFMTV向けにエラブが実施した世論調査によると、テレビ討論会でより説得力があったのはマクロン氏との回答が63%に達した。ハリス・インタラクティブの調査では42%がマクロン氏と回答した。

これに加え、6月の議会選に関する初の世論調査では、マクロン氏が設立した政治運動「前進」が第一党に踊り出る勢いであることが判明した。仏経済紙レゼコー向けにオピニオンウェイ─SLPVが実施した調査によると、前進は249─286議席を獲得する見通し。中道と保守派が約200─210議席、FNは15─25議席、社会党は28─43議席と予想されている。

マクロン氏当選との見方から、4日の金融市場では買い安心感が広がり、ユーロ、仏株・債券がいずれもしっかりとなった。

またオバマ前米大統領はビデオメッセージで、マクロン氏は「人々の恐怖心ではなく期待に訴えかけている」と評し、支持を表明した。

テレビ討論では、2時間半にわたり経済やユーロ、テロ対策などでマクロン、ルペン両氏が激しい応酬を展開。終了間際にルペン氏はマクロン氏がオフショアの口座に資金を隠していると示唆した。マクロン氏はこれを否定している。

司法筋によると、マクロン氏の申し立てを受けて、検察当局は意図的に偽ニュースを流布し、大統領選の結果に影響を与えようとしていなかったか、疑惑の調査に着手した。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  5. 5

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  6. 6

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  7. 7

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  8. 8

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  9. 9

    よしのり氏 靖国参拝をした理由

    小林よしのり

  10. 10

    安倍官邸が検察の森友捜査介入か

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。