記事
  • ヒロ

シェアハウスは貧困な若者の施設なのか?

一時話題になったシェアハウスも最近はメディアではあまりお見掛けすることがなくなりました。一応の市民権を得たということとも言えます。但し、シェアハウスに住んだことがない大半の方にとってそのイメージは様々だろうと思います。そんな中で最近、私にとってはちょっと許せない記事が週間ダイヤモンドの電子版で出ています。タイトルは「シェアハウスから足を洗えない!貧困にあえぐ若者の劣悪住宅事情」。

記事は手取り13万円の27歳女性がシェアハウス家賃や通信費、奨学金の返済をすると3万円しか手元に残らないという貧困若者とシェアハウスを結びつけるストーリーから入ります。そして劣悪なシェアハウスを転々とし、いつかはアパートに入りたいというお涙頂戴の展開なのですが、その後に続くこの一文でこの話はおかしい、と信憑性がゼロになります。

それは「もっとましな待遇の会社に転職して、アパートの初期費用を貯めるという手もありますが、現時点で貯金がないので会社を辞めるわけにもいきません。働きながら転職活動しようにも、月々の残業が200時間を超えている状況なので、その余力はなさそうです。金欠で時間もない、転職もできないので先の見通しも立たず、シェアハウスからも抜け出せない…。四面楚歌です」

月の残業が200時間を超えるなら残業手当が時間当たり1000円しかないとしてもそれだけで20万円。基本給だって16万円ぐらいはあると考えるのが普通(最低賃金を考えるとこれ以上安くならない)です。しかも奨学金返済ということは大学を卒業だと思いますが、この人はどう見てももっと貰っているか、あるいは月の残業時間にウソがあって苦労話を作り上げたかのどちらかになってしまいます。大体月200時間の残業があり得るのか、というもっと前段の話が当然あるわけです。

昨年秋に上野千鶴子氏と歓談した際にシェアハウスの話になり、上野教授がもつシェアハウスのイメージと私の経営するシェアハウスに大きなギャップがあり、話がかみ合わなくなりました。教授はシェアハウス=貧困の若者の暮らすところという直線的結びつけをされたので私から「いやいや、私のシェアハウスは一般アパートよりも高い7-8万円で、それでも満室です」と反論しました。たぶん、シェアハウスがマン喫(=マンガ喫茶)で寝泊まりする劣悪な人よりちょっとましぐらいの感覚なのかもしれません。

確かにシェアハウスには様々なタイプがあります。ドミトリー型と言って6畳の部屋に二段ベッド4つ入るタイプなら月2-3万円で入居できるところもあります。個室型ならば最低4-5万円はするでしょう。それ以外にソーシャルアパートメントやデザイナーズシェアハウス、更に経営形態も個人から運営業者まで乱立状態であります。つまり、顧客も運営者も用途や目的に応じて幅があるため、シェアハウス=貧困というストーリーが成り立ちません。

例えば私のシェアハウスの顧客には平日はシェアハウスに住み、週末は実家に帰るという方が珍しくありません。残業が多い、食事に行って遅くなって通勤が大変という方にはある意味贅沢な使い方で貧困とは真逆ともいえます。海外から帰国し、とりあえず、腰かけ的な使い方をされる人もいます。アパート入居はとても手間暇がかかりますが、シェアハウスなら空港から直行でその日からネットもあるし、布団もある実に使い勝手の良い施設なのです。

シェアハウスによってはソーシャル型でシェアメートが仲良く料理をしたり趣味の作業をしたりというところもありますが、私のところは希薄です。個々がバラバラの生活時間でバラバラに食事をとり、そこにシェアメートがいれば話をするという感じでしょうか?ルームシェアのメッカ、カナダでは暗黙の了解があり、ルームメートとあまり深くかかわらないことが秘訣と言われます。あくまでも住むところが主体であって他人のプライベートにずかずか入り込まれたくないのが普通です。

ドラマの絵に描いたような話はイメージ先行しすぎますし、小説「京都西陣シェアハウス」(鏑木蓮著)のように勝手に人の部屋に入り込んでプライベートを詮索するようなことは私のところではありません。むしろ半分が外国人の中でお互いのプライベートと共同生活の微妙な距離感をうまく保っているという感じがします。

シェアハウスはシェアライフが一段と普及した中で若者の衣食住を支える中心的存在です。それを貧困だという刷り込みをメディアが押し付けてしまうのもどうかと思います。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「シェアハウス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  3. 3

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  4. 4

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  6. 6

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  7. 7

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  8. 8

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  9. 9

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

  10. 10

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。