記事

厳罰化では少年事件の再犯は防げなかった 「非行」少年に暖かい目を 子ども未来法律事務所通信13

1/3


今日はいきなり、Yahoo!ニュースで、「少年院出所 再犯者率は42.7%」という見出しで報道されていたので、「そんなはずない!」とびっくりしました。

クリックして元記事を調べても、時事通信の見出しはこうです。

再犯者率最悪42.7%=少年院出所者を初調査−犯罪白書

Yahoo!にしても、時事通信にしても、これでは、どう見ても少年院を出所した元非行少年の再犯率が42・7%というように読めるのですが、皆さんにとってはいかがですか?

実は、11月11日の閣議で報告された犯罪白書によりますと、42・7%の再犯率というのは、下の図のように大人を含めた全体の再犯率です。

2010年の一般刑法犯の検挙人数は約32万3000人。このうち、犯罪で再び検挙された再犯者は13万7614人で、再犯者の割合を示す再犯者率は前年比0.5ポイント増の42.7%となり、1997年から一貫して上昇し続けている、という話なのです。




ロースクール発足以来去年まで、ずっと少年法を教授として教えてきていたので、10年前には4分の1程度だった少年の再犯率がいきなり4割を超えることはあるまいと思ったのですが、やはりまあ「誤報」でしたね。

読者のほとんどは見出ししか見てくれませんから、ほぼ誤報と言っていいでしょう。もしくはミスリード。

たぶん、マスメディア自体に意図があるわけではなく、法務省がまた少年法の厳罰化や少年院法の改悪かなにかを狙っているのだと思います。マスコミというのは官庁が垂れ流したとおりに記事を作りますから。

実際には過失による交通事故を除く「一般刑法犯」で検挙された少年のうち再犯者が占める割合は下のグラフのように31・5%だったそうです。

見出しは、「非行少年再犯率は31・5%」が正しかったのです。


(また、このように少年の検挙者も再犯検挙者数も実数は減り続けています)

この再犯率というのがくせ者で、普通は、一度犯罪を犯した少年がもう一度犯罪を犯す率のようですが、そうではなくて、全体の犯罪の中で再犯者の数を示しているだけです。犯罪者に占める再犯の大人や子どもが増えていると言うことですね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進は小沢・鳩山再び迎えるべき

    茂木 健一郎

  2. 2

    てるみくらぶ被害のアイドル激白

    BLOGOS編集部

  3. 3

    籠池氏の告発めぐる「重大な謎」

    郷原信郎

  4. 4

    朴槿恵氏弾劾 真の黒幕が判明か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    橋下氏が暴いた"森友騒動の真相"

    PRESIDENT Online

  6. 6

    堀江氏「食事で人間性はわかる」

    文春オンライン

  7. 7

    北朝鮮版「民泊」 不倫の温床に?

    高英起

  8. 8

    "辛い職種"ランキング 1位は?

    キャリコネニュース

  9. 9

    長嶋一茂の"迷言"に賛否両論?

    文春オンライン

  10. 10

    "すごい時代に"google翻訳が進化

    Yu-ki Matsuoka

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。