記事

レディー・ガガの復活劇から学ぶ、低迷事業を救う5つの方法

by Denise Lee Yohn

レディー・ガガが戻ってきた。かつてポップ・ダンス音楽の世界に旋風を巻き起こした彼女は、2013年のアルバム『アートポップ』の売り上げが振るわず、世間から見放されつつあった。メディア露出も減り、楽曲やコンサートチケットの売り上げもぱっとしなかった。

しかし完全復活を果たしたガガの最新アルバム『ジョアン』は、たった数週間で50万枚の米国内売上を記録。米最大級の音楽フェス、コーチェラでは大トリを務め、ティファニー・アンド・カンパニーの新たな広告塔にも選ばれた。

ガガの復活劇は、低迷期に苦しんできた企業にとって貴重な教訓となる。ここでは、企業が彼女から学べる復活法を5つ紹介する。

1. 変化の必要性を認める

「最初の一歩は、問題の存在を認めること」だとよく言われている。ガガは変化の必要性について公の場で認めたことはなかったものの、悟りを開くような瞬間を経験して意図的に軌道修正を決断したことは明らかだ。

昨年10月に米ヤフー・ミュージックのインタビューに応じたガガは、やり方を変えることを決めた経緯を説明。19歳で亡くなった伯母にちなんで命名したアルバム『ジョアン』のアプローチについて、「私のキャリアにおける今回の方向転換は、胸の中にいるジョアンと共に挑む新しい旅のようなもの。これで世界とより深くつながれるようになるといいなと思う」と語った。

企業は時に、変革の必要性を認めることができず苦労するようだ。従来のシステムや人、考え方にしがみついているようでは過去と決別することができない。だがガガが示したように、新たな方向を明確に意識することが、最初の一歩となる。

2. 自社の強みを活用するイノベーションを導入する

ガガは新しいものを取り入れると同時に、自らの最も強力な武器である歌声をうまく活用した新プロジェクトを立ち上げた。伝説的クルーナーのトニー・ベネットとジャズアルバムを発売し(同作はベネットの史上2度目となる全米1位を記録した)、共同コンサートを米公共放送PBSの特別番組でテレビ中継したことは、素晴らしい決断だった。意外なコラボが関心を引いて視聴者が集まったからだけでなく、ガガの圧巻の歌唱力を見せつけたからだ。

ガガはこうして、新たな価値を提供すると同時に、自身の非凡ぶりを改めて印象付けることに成功した。これは、彼女がまさに必要としていた類いのイノベーションだった。企業は似たような手法で会社を活性化させることができるはずだ。

アルバート・アインシュタインが、同じことを繰り返しながら違う結果を期待することを狂気と呼んだというのは有名な話だ。多くの企業はこのような行動をやめてイノベーションを開始する必要性を認識しているが、自社の能力を超えたり、すでにある独自性から目を背けたりする方向を追求してしまいがちだ。そうではなく、ガガの例に倣って自社の中核的な強みを活用する方法を探すべきだ。

3. 訴求対象を定める

ガガがポップスターの地位を奪還するには、彼女に忠実なファン以外の層にも訴求する必要があるのは明らかだった。そこでガガは米国のメインストリーム層の取り込みを目標に設定。米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王者決定戦、スーパーボウルでの昨年の国歌独唱や今年のハーフタイムショーへの出演が復活劇の中で重要な役割を果たしたのもそのためだ。

両パフォーマンスは、何百万人もの新旧ファンたちに新生ガガを見せる機会となった。こうした大きなステージに出演したことでメインストリームの視聴者とのつながりを再構築できただけではない。かつてガガから連想されたポジティブな特徴(楽しさや、多様性を尊重する姿勢、華々しさ)にもう一度気付かせる一方で、否定的な側面(奇抜さなど)を避けたパフォーマンスを作り上げることができた。

復活を目指す企業は同様に、訴求すべき層を特定しなければならない。これはスーパーボウルの視聴者のような最大のオーディエンス層ではなく、焦点を絞った活動で働きかけることができる特定のキーインフルエンサー(重要な影響力を持つ人物)層である場合が多い。企業の将来的な成功に不可欠な層とつながり、彼らが魅力的だと感じる価値や特徴を際立たせるためにコミュニケーションやエクスペリエンス(体験)を戦略的に設計する必要がある。

4. 注目を集めるブランド広報活動を企画する

世間の注目を誰もが追い求める現代では何をするにも、まずは人々の関心を引く必要がある。レッドブルの成層圏スカイダイビングのように、多くの企業はスタントで人の関心を引こうとする。しかしこうした戦術の大半は、現代のうたぐり深い消費者には利己的に見えるだけで、せっかく注目を得てもたいていは長続きしない。

ガガは別のアプローチを取った。意図的に人を驚かせることで関心を得たのだ。2015年アカデミー賞授賞式で披露した『サウンド・オブ・ミュージック』メドレーや、それから1年足らずの間にグラミー賞授賞式で見せたデヴィッド・ボウイへの追悼パフォーマンスは、ガガに対する人々の概念を覆し、その才能の幅広さを見せつけるという強烈なダブルパンチで視聴者を引き付け、イベント後も長期にわたって強い印象を与えた。

企業はガガの作戦を参考に、注目度の高いイベント・活動を企画してブランドの重要メッセージを伝えてはどうだろうか?

5. 忠実な支持者層を、必要になる前に構築する

最後に紹介するガガの行動は、実は彼女が最初に行ったものだ。それは今回の復活劇のはるか昔、キャリア初期にまでさかのぼる。ガガはファンやフォロワーと直接かつ定期的に交流することで、支持層を育てていた。「リトル・モンスター」と呼ばれる彼女のファンたちは何千万人といるが、驚くべきはその規模だけではない。

ガガが受けている支持と忠誠心は大半のセレブを超えるものだ。ファンたちは積極的にガガを売り込み、彼女を擁護し、低迷期も彼女を支え、復活劇ではソーシャルメディアへの投稿、動画、集会、そして最も重要である楽曲やコンサートチケットの売り上げを通してその勢いを後押ししてきた。

ガガがこれほど献身的なファン層を得ているのは、まず自らがファンに対し献身的にかかわってきたからだ。彼女はソーシャルメディア上でのファンとの直接交流に多くの時間を費やし、ファンに個人的に語り掛け、コンサート中にファンをステージに上げ、ファンが大切にしている人や活動を支援してきた。

企業は最初から、顧客との間に感情的・個人的・持続的な関係を構築するべきなのだ。人気を失い始めたり、失敗したりしてから人々との深い関係を構築しようと試みても手遅れだ。

ガガへの世間の評価はこれからも、好きか嫌いかに二極化したままかもしれない。だが、ガガの果たした華麗な復活劇は誰もが認め、そこから学ぶべきだ。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  2. 2

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  3. 3

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  4. 4

    死ぬまでSEX 現代高齢者の性事情

    PRESIDENT Online

  5. 5

    慰安婦問題 失敗だった謝罪姿勢

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    インスタで増加 脱ぐ女性の動機

    NEWSポストセブン

  7. 7

    慰安婦と軍艦島 韓国若者の本音

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大ヒットネトウヨ本の粗末な中身

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ハイボールがNYで大ブームの予感

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  10. 10

    尾木ママ いじめは逃げるが勝ち

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。