記事
  • ヒロ

なぜ辞める、若者の就職観

かつて寿司職人になるには10年の修行が必要とされました。この10年の意味とは何か、といえば精神鍛錬なのだろうと思います。技術の取得はその気になれば半年か1年でできなくもありません。(教える側と教えてもらう側の両方の才能と器量がそろっていればの話です。)

考えてみれば寿司屋はヒエラルキーの世界で上のポジションに行くのに先輩を追い越すわけにはいかない世界。となれば上の人がいなくなるまで待たねばならないという理不尽さがあります。寿司屋のオヤジが2軒目、3軒目と店を出すほどのビジネスマンであればよいのですが、寿司屋ほど大将のテイストがモノをいう業態もありません。

ラーメン屋ならば誰が作っていても気にならないでしょう。すし屋はその握り手に一種の職人技を、そして店を見渡し、サービスが行き届いているか指示する大将のスタイルこそがその寿司屋の最大の売りであります。よってそう簡単に店舗展開が出来る業種でもないのです。

ところが今のすしは回転ずしかスーパーで売っている寿司だと思っている人もいるわけでそこには寿司職人の顔はありません。これらは寿司アカデミーあたりで短期で訓練を受けた人たちが客から見えない厨房で握るわけです。そう考えれば最近の回転寿司のようにカウンターの前は壁で握っている姿が見えない寿司屋なんて私に言わせれば気持ちが悪いということになります。

10年の修行が正しいかどうか、これは議論があるところですが、少なくとも言えることは「そう簡単には偉くなれない」という大前提があったということです。これに対して効率化主体の現代人にとってそんなのはばかばかしいということでしょう。堀江貴文氏が以前ツィッターで「今時イケてる寿司屋はそんな悠長な修行はしねーよ。センスの方が大事」とつぶやいていますが、若者の仕事に対する姿勢を見事に代弁しているといえましょう。

この即偉くなれる、自分たちが学校で学んできたことが即生かせてかっこいい仕事をしてやると意気込んでくるのが新入社員たちであります。そして入社後、明らかにそれは希望ではなく失望と落胆へと変わるのであります。

統計的に3年で3分の1の離職率は最近の明白なトレンドであります。1年目がざっくり15%、2年で更に10%、3年目で更に10%ぐらい離職するという流れであります。1年目が圧倒的に多いのは相性の不一致とドロップオフ。つまり、入社すること自体が間違いだったか、会社の体質と折り合いが悪かったかのどちらかであります。

私も最近、現役大学生らと接する機会が増え、いろいろな話を聞かせて頂いていますが、「自信家」が多くなったな、という印象を受けます。一方、社会人になった方々もシェアハウス事業などを通じて接点を持たせて頂いていますが、「ストレス溜めすぎ」で気が短くなっている人が増えているのも事実です。ストレスを溜めると耐性がなくなり、八つ当たりしたりしゃべり方にとげが出てきたり、ひどい場合には顔そのものが変形してしまいます。

働き方改革の話題が盛んですが、それによりかつての無茶な雇用者側からの圧力が弱まると同時に雇われる者の権利を強く主張できるようになったことに注目しています。

ただ、私が考えるのは働き方改革も大事ですが、企業側の「働かせ方改革」がもっと重要だと思っています。なぜ、この仕事が必要なのか、従業員の仕事は会社全体の仕事の中でどういう位置づけで何を期待しているのか、という明白な道筋を提示してないケースが多いのではないでしょうか?会社によってはあたかも機械の如く使い潰してしまうところもあるようです。

また雇用される側も権利の主張ばかりではなく、雇用関係における義務があってこその権利だということをわきまえなくてはいけないでしょう。自分の思った通りにならないから「こんな会社、辞めてやる」では小学生レベルです。

寿司職人に10年の修業とは耐え忍び、その仕事にすべてをささげるという愛が寿司の一つひとつに籠っているということです。どれだけきれいで同じサイズのシャリを握ったとしても「はい、お待ち!」と言って出された寿司が生きているかどうか、目利きが見ればすぐわかるのと同じです。

技術は8割が短期で習得できると思いますが、最後の2割は本当に10年かかる、というのが私の社会人経験の実感であります。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  5. 5

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  7. 7

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  9. 9

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。