記事

仏大統領選、マクロン勝利がほぼ確定でもルペンら極右勢力を侮れない理由 - 南陽 一浩

 4月23日の第一回投票で、11人いた候補者がエマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンの2人に絞られたフランス大統領選。Front National(国民戦線、極右)率いるル・ペンの脅威ばかりが喧伝されるものの、じつは第二回投票の事前調査では相手が誰であれ、ル・ペンが大統領になれる可能性はずっとゼロだった。

というのも第一回投票の落選者のほとんどは「共和国」の名の下、第二回投票では反・極右に回るため、ル・ペンの対抗陣営に票が流れる。よってマクロンvsル・ペンはおよそ60% vs 40%と予想され、第8代フランス第五共和制大統領エマニュエル・マクロンはほぼ確定だ。

 5月7日の第二回投票が消化試合というわけではないが、天王山は決選投票に先立つ5月3日水曜夜、候補者同士のTV討論といえる。日本ではよく「劇場型政治」というが、かの地の政治家対決には元より、弁舌を携えてスタジアムに放り込まれた剣闘士のようなところがある。権力や体制転覆に繋がる暴力がタブー視される第五共和制の裏返しなのか、弁舌を武器に倒されては起き上がるヒーロー像は崇められ、決選投票前のTV討論では数々の名勝負・珍勝負が繰り広げられてきた。

父親を除名処分にしたル・ペン


名うての論客として評価されるル・ペン氏 ©共同通信社

 2011年に国民戦線の党首に就いたル・ペンにとっては、将来の大統領と一対一の議論の場に出られるだけで大躍進だ。約40年前、マリーヌ・ル・ペンは8歳の頃に国民戦線の創設者で実父であるジャン=マリ・ル・ペンへの憎悪から自宅が爆破され、寝室をガラスの破片だらけにされたこともある。18歳で党員となり、法律を学んで公選弁護士として短いキャリアを過ごした彼女は、よく国外では世襲で党首を継いだと勘違いされているが、じつは数々の党内抗争を乗り越え党代表を勝ち取った、名うての論客だ。反ユダヤ主義などを封じてソフト路線に転じた党戦略と相容れなかった父は、2015年に娘に除名されたが、彼女の達者な弁舌は父親譲りなのだ。

 その父が2002年大統領選で決選投票に進んだ時、現職候補のジャック・シラクは極右の代表と交渉は一切もたないと、TV討論を公然と拒否してみせ、それでも決選投票では82.2%を得て再選された。15年前は、人種差別や排外主義を唱える勢力を、大統領選という公職中の公職を巡る場で人並み扱いしたら、共和制の然るべき品位にもとる、そういうコンセンサスだったのだ。

TV討論の実現は、極右支持者拡大の裏返し

 すでにエマニュエル・マクロンは、極右はフランス共和国の価値観と相容れないと前置きしつつ、TV討論を受けると意思表示した。確かに今、シラクと同じことをしたら、国民の分断を加速させてしまうだろう。マクロンは西部や南西部、パリで1位通過したが、北東部と南仏ではル・ペンが強い傾向がある。極右の支持者が増えただけでなく、フランスの六角形の領土を北西から南東にかけて真っ二つに袈裟がけにするほど、鮮明な地域差があることも問題なのだ。

ピカピカの経歴と自由な恋愛観を持つマクロン

 彼は会計検査官や投資銀行の副社長格、36歳で経産・産業・デジタル大臣という職歴ゆえ、エリート経済人の側面が強調されるが、じつは高校生の時に全国一斉の「コンクール・ジェネラル」でフランス語の1等を獲るなど、言葉のセンスも折り紙つき。政・経・法より文学志向だったらしく、高等師範学校の入試に2度落ちたものの哲学の学位を修め、パリ政治学院と国立行政学院を出た。中高は地方都市で私立のカトリック校だ。名門校出身というだけでなく、素養や思考のバランス感覚という点でフランス人が信をおきやすい経歴といえる。

 ちなみに2007年に結婚した24歳年上の夫人、ブリジットは元高校のフランス語教師で、マクロン15歳の時に彼女の演劇教室で出会った。彼女が銀行マンの前夫との間にもうけた3人の子供も、多かれ少なかれ選挙活動を手伝っている。継父マクロンより統計エンジニアの長男は年上で、高校で同じクラスだった長女は心臓血管外科医、そして弁護士の次女は後援会を運営するほど仲がよい。非のうちどころがないピカピカの経歴に、この「自由な恋愛&家族ぶり」も、マクロンの底知れぬ説得力と愛嬌の源だ。欧米他国のメディアも珍しがってこのカップルを報じているが、フランス人が「自由の試金石」として是認し、世界に対し垂れたがる何かでもある。


マクロン氏と24歳年上の妻 ©時事通信社

5月7日の開票日は始まりに過ぎない

 TV討論の最後に、いずれが勝者・敗者と映るかは当然、決選投票のスコアに影響する。だがクライマックスは5月7日の開票ではない。約1か月後の6月11日、18日には下院選挙が控えているのだ。

 右派と左派による二大政党時代が終わった今、議会で特定の一党が過半数を占めるのは難しそうだ。4月23日の第一回投票の結果が、6月の下院選挙の得票と議席数比率に完全に反映されるわけではないが、1位のマクロンですら24%、マリーヌ・ル・ペンは21%強、右派のフランソワ・フィヨンと極左のジャン=リュック・メランションがともに20%前後で、左派のブノワ・アモンに至ってはたった6%強。4強というより4小+1弱という拮抗ぶりだ。

 フランスの下院選挙は、第一回投票はたいてい弱小候補の足切りで、12.5%以上を獲った候補者たちで第二回投票は争われる。この決選投票から選挙区ごとに1人を選出し577議席を埋めるという、まさしく大統領選の縮小版。焦点はもはや、マクロン率いる政党En Marche!(前進、の意)が下院でどれだけ議席を確保できて、どの程度スムーズに政権運営できるかにかかっている。逆にいえば、経験値のない中道派の新党に、有権者が下院選挙でどれだけ雪崩を打ってくれるか、だ。よしんばEn Marche!が下院で与党となってマクロンが意中の首相を指名できても、法案を通すため過半数を得るのに最低でも他2党との連立を要するようでは、政府として機能しないだろう。

マクロン新政権の恐怖のシナリオ

 大統領選以前からマクロンは、元右派のドミニク・ド・ヴィルパンやシラク、左派のマニュエル・ヴァルスら、両派の首相経験者から支持を得ており、その政党En Marche!は政界再編を主導するはずだ。だがもし明日のTV討論で躓いて、第二回投票で事前予測の60% vs 40%よりル・ペンに得票で押し込まれたら、その余勢を駆って国民戦線や右派が下院選挙で息を吹き返すマズいサインとなるだろう。

下院選挙の第二回投票でも、つねに反・極右が結成される関係上、国民戦線が議席を伸ばす可能性は低いが、4月23日には極左と極右という両極の得票合計が40%以上もあったのだ。いずれ両極が下院で伸長したら、右派や左派に連立を求めて、生まれたばかりの中道派政権が機能麻痺に陥るという、それこそ恐怖のシナリオが出現する。

 当のマクロンは3月末、首相は経験値や能力で選ぶつもりで女性が望ましいとツイートした。有権者の興味をマクロン劇場へ引きつけるための発言かもしれないが、フランスの新体制とEUへの態度がよりはっきりするのは、6月11日と18日の下院選挙、そして首相指名を経て新政府の全容が明らかになるのを待つ必要がある。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  5. 5

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  6. 6

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  7. 7

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。