記事

金正恩氏の外見を遠慮なくけなし始めた北朝鮮の若者たち

金正恩氏

北朝鮮には、「チャンマダン(農民市場)世代」と呼ばれる人々がいる。概ね1990年代半ば以降に生まれた若者たちだ。

かつての北朝鮮では、国家が食べ物や日用品の配給を握り、それをもって国民を支配していた。しかし90年代の大飢饉「苦難の行軍」により配給システムが崩壊。半ばなし崩し的に市場での商売が解禁され、国民は本来なら禁じられているはずの私有財産を蓄えるようになった。

その流れの中で、人々は国家への依存から脱して自律性を強めてきたわけだが、とりわけ「以前の北朝鮮」を知らない若者たちは、年長の世代よりも強い自我を持っているとされる。彼らは国や社会のことよりも、個人の暮らしを大切にし、現状に対しては非常に批判的で、大人たちを慌てさせる場面も少なくない。

(参考記事:金正恩センスの制服「ダサ過ぎ、人間の価値下げる」と北朝鮮の高校生

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、最近中国を訪れた平壌在住の情報筋から、「最近の若者は大胆過ぎる」との言葉が聞かれたという。

若者は中高年層に比べると開放的で、批判精神にも富み、プライベートな場では金正恩党委員長や体制に対する批判も平気でする。もちろん、バレたら大変なことになる。政治犯収容所に送られるか、公開処刑になるかもしれない。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

もちろん、そのことは若者たちも知っている。そのため、誰かの発言が外に漏れて問題になると、仲間を売った密告者を探し出して徹底的に問い詰め、報復するという。具体的にどのように報復をするかについて情報筋は触れていないが、恐ろしくて二度と密告する気が起きないほどのことをされるようだ。

気になるのは、北朝鮮の若者たちの批判が、いまどこへ向いているかだ。情報筋が説明する。

「当局は、貧富の差がないのが社会主義で、貧富の差が激しい資本主義の国は人の住むところではないと宣伝している。それなのに、国内でも貧富の差が日に日に大きくなっている。これではわが国こそ、もはや資本主義国家ではないかと憤っているのだ」

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋によると、金正恩氏を称える「足取り」(パルコルム)という歌に出てくる「金大将」という歌詞を「キム・トゥンボ」(トゥンボは太った人のことを指す)に変えて歌う若者もいるという。

(参考記事:金正恩氏の「ブタ工場視察」に北朝鮮庶民が浴びせる酷い悪口

当局は、こうした替え歌問題を深刻に受け止めているようで、国家保衛省は「替え歌禁止令」を出している。

平壌出身で現在は韓国に住んでいる脱北者のイさんは、今時の若者について次のように説明した。

「北朝鮮の人々の中に、社会主義と資本主義の正確な概念を理解している人は多くない。外国からの情報に頻繁に接している若者たちは、庶民にとって暮らしにくいのは自分たちの国の方だと感じている。そのため、社会主義と資本主義の概念はさておいて、とにかく北朝鮮の体制がいけないのだと、ことあるごとに批判の声を上げるのだ」

その怒りが、金正恩体制をひっくり返すほどに強くなる日が待ち遠しい。

(参考記事:「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民のキツい本音

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  4. 4

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  8. 8

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  9. 9

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。