記事

歌舞伎だ!大相撲だ!ビートたけしだ!メジャー化の進むニコニコ超会議2017にいってきた

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。東京ディズニーリゾートへ向かう京葉線のラッシュを押し分け、海浜幕張駅にやってまいりました。

BLOGOS編集部
そう、今年も「ニコニコ超会議」です。2012年から始まり、すっかりゴールデンウィークの定番イベントに。

BLOGOS編集部
dwangoが力を入れるマストドン。PRが早い。こういうのを見ると、dwangoさんは技術者の会社だなって思いますね。

BLOGOS編集部

大相撲を招致するクレイジーぶり

取材受付を済ませ中に入ると、いきなり物騒な掲示。ああ、そういや暴力団関連で一時期界隈で話題になったな超会議と思いきや、大相撲の注意書きでした。いろいろありましたもんねえ。

BLOGOS編集部
総勢250人が集結する「大相撲 超会議場所 Supported by カップヌードル」。ガチですよガチ。すごいなあ…。

niconico
お相撲好きのおじいちゃんおばあちゃんはいずれ亡くなってしまいますからね。若者にPRみたいな。土俵にコメント流れるとか、この悪ふざけ感がニコニコらしさなんですよね。

niconico

昨年大好評だった「超歌舞伎」再び

BLOGOS編集部
「伝統×IT」といえば、昨年度肝を抜かれた「超歌舞伎」。中村獅童さんと初音ミクが歌舞伎で共演、しかも幕張メッセで、という、歌舞伎座タワーに本社を構えるdwangoにしか出来ない離れ業ですが、今年も第2弾が登場しています。

niconico
うわー、これが入場料(前売り1500円、当日2000円)だけで見られちゃうんだ、というクオリティ。ただし、初音ミクと合成の部分だけは、配信で見たほうがいいです。広い会場だとスクリーンでちょこちょこ映ってるだけで正直しんどい。

niconico
映像と歌舞伎のコラボ、殺陣の美しさなどはやはり生で見ると違います。スクリーン技術が進化していけば、もっと夢のような世界が広がっていくのでしょう。コメントで歌舞伎の「屋号」が飛び交うわけですが、中村獅童さんは「萬屋」。初音ミクは「初音屋」。スポンサーのNTTが「電話屋」なのは笑いました。こういうの大事ですよね。

「ニコニコらしさ」とは何か

ニコニコ超会議には今年も豪華ゲストが目白押し。ビートたけしさんに水道橋博士ですよ。

BLOGOS編集部
もはや常連となった小林幸子さん。VRゲームで遊ぶ幸子さんってカオスすぎるでしょ。

niconico
自民党は小泉進次郎議員を投入。さすがの人気です。

niconico
ニコニコユーザーは「俺たちのニコニコ」という意識を強く持っていて、「ニコニコのTV化」を好ましく思っていなかったりする一面もあります。

いまやサイバーのAbemaTVが「ネットで見るテレビ局」路線をぶっちぎっているので、ヲタのコミュニティー、サブカル路線で生きていくのか難しいところなのでしょうけれども、運営としてはTVに取り上げられてなんぼ、記事になってなんぼでしょうし、協賛企業やブースを出している企業もその宣伝力に期待しているわけです。

「笑点」ブースの林家三平師匠(niconico)
来場者の客層を見ると、学生の多いこと多いこと。見た感じはアイドルイベントやアニメイベントのお客さん。そしてコスプレイヤーがガンガン歩いています。

niconico
コンパニオンもわんさかいて、カメラ小僧(って今でも言うんですかね)には天国なわけですが。

BLOGOS編集部
学校の文化祭では味わえない充実感を、クラスの主流じゃない子たちで集まってはしゃぐ、そのコンセプトを根底に置きつつ、メジャー感とのバランスが難しいのかと感じました。

BLOGOS編集部
あとは普段、ネットの中だけで交流しているユーザーたちの「オフ会」なんでしょうね。楽しそうですね。

BLOGOS編集部
可愛いレイヤーさんのオフィシャル写真がたくさんあったので貼っておきますね。運営の皆さん、今日もがんばってください!

niconico
niconico
niconico

あわせて読みたい

「ニコニコ超会議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。