記事

【ニコ超】民進党「VR蓮舫」が125分待ち 枝野氏は「マゾが多い」と盛況ぶりを喜ぶ

幕張メッセで4月29日に開幕した「ニコニコ超会議2017」で民進党が出展した「VR蓮舫」が人気を博している。プレーヤーが総理大臣になって同党の蓮舫代表の追及を疑似体験できるというもので、一時120分待ちという事態になった。

「リアルで面白かった。臨場感があり、迫力がすごかった」

蓮舫氏の追及を疑似体験
蓮舫氏の追及を疑似体験

モニターを装着すると、国会の委員会室が映し出され、そこに座る総理大臣の気分を味わうことができる。しばらくすると目の前に蓮舫代表が登場し、プレーヤーを追及し始める。例えば、ニコニコ超会議のコンセプト「『ニコニコ』のすべて(だいたい)を地上に再現する」をやり玉にあげ、

「すべて、だいたい、これはどういう意味ですか。すべてとだいたいは同じですか!?」
「こんないい加減なコンセプトにあなたは賛成したんですか?はっきり答えて下さい」

といった具合だ。プレーヤーは、こうした追及を3分半体験する。プレーヤーの心拍数を測定し、その変動から心の動揺を検知。総理大臣としての適性をA~Eの5段階で評価する。

民進党ブースの担当者によると、「A判定の人が意外と多いです。他にはD判定やE判定の人も結構います。中間の評価の人はあまりいません」ということだった。

民進党のブースには長蛇の列ができ、昼過ぎには長蛇の列が。15時に確認した際に125分待ちだった。ディズニーランドのアトラクション並みの待ち時間だ。

VR蓮舫を体験する男性
VR蓮舫を体験する男性

体験した男性は、「リアルで面白かった。臨場感があり、迫力がすごかった」と興奮気味に話す。とはいえ、男性はかなり落ち着いていたようでA評価を獲得していた。

枝野幸男氏は「女学生のコスプレをしたい」と語る

枝野幸男衆議院議員
枝野幸男衆議院議員

現場にいた枝野幸男衆議院議員は、VR蓮舫の盛況ぶりを見て「マゾの人が多いんですね」と語った。

「民進党に関心を持ってもらうため、『VR蓮舫』を作りました。これだけ人気だということはマゾの人が多いということでしょうか」

枝野氏自身も毎年のようにニコニコ超会議に参加しているという。

「毎年、参加していますが、とても楽しいです。自分でもコスプレをしたくなってきました。セーラー服を着て女学生のコスプレなんていいかもしれません」

あわせて読みたい

「蓮舫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計学園の「嘘」は極めて不自然

    大串博志

  2. 2

    新潟少女殺害 容疑者家族に疑問

    女性自身

  3. 3

    内田前監督に日大OB「情けない」

    文春オンライン

  4. 4

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  5. 5

    加計学園はマスコミに全てを語れ

    早川忠孝

  6. 6

    「ツンデレ外交」失敗した北朝鮮

    自由人

  7. 7

    夫の年収1500万円でも半数は不満

    キャリコネニュース

  8. 8

    日大選手の寛大な処分求め嘆願書

    AbemaTIMES

  9. 9

    悪者から逆転した日大選手の謝罪

    かさこ

  10. 10

    日大と首相に共通するルール破り

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。