記事

景気拡大か、景気の拡大解釈か

「足元の景気は『緩やかな拡大に転じつつある』とし、『緩やかな回復基調』とした1月の前回よりも強い表現に変更した」(日経電子版

大手小売業者が軒並み値下げに動き、経営者から「デフレからの脱却はイル-ジョン」という発言が飛び出す中で、日銀が景気判断を引き上げた。

「日銀によると、『拡大』という言葉は経済全体として需要が供給を上回る状態を示す」(同日経電子版

需要が供給を上回り、賃金に上昇圧力が掛かっているという見立てが正しいのであれば、何故物価が下落するのか。

日銀自身が物価見通しを可能修正するなかで、何故景気判断を上方修正するのか。

本当に景気が拡大しているのであれば、何故異常な金融緩和を続ける必要があるのか。何故「出口論」が時期尚早なのか。

黒田日銀の政策、主張は支離滅裂だといえる。

「景気が拡大している」のではなく、日銀が「景気状況を拡大解釈」しているというの実態。もはや手遅れではあるが、せめて誤った金融政策によるダメージを少なくお抑えるために、黒田日銀の「Yes man」ばかりの審議員を集めて議論するのではなく、小売業者の経営者など異なった立場の見方も参考にして、まずは景気状況を正見するところからやり直すべきだ。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  7. 7

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  10. 10

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。