記事

「新社会人デビュー」記事読み比べ 一番シビアなのは「日経」だった 各紙の「おじさん」キャラが発揮される4月 - プチ鹿島

 新聞を擬人化するなら“おじさん”だと思うのですが、新聞おじさんが若者に上から目線になれる季節ネタがふたつある。それは「成人の日」と「新社会人デビュー4月」のときだ。

 4月もそろそろ終わる。今年は各新聞が新社会人をどう記事にしたかウオッチしていこう。

「朝日」のリベラルおじさんあるある、「読売」のおじさんアドバンテージ

 多くの職場で入社式がおこなわれた4月3日の朝日新聞「天声人語」はこう書いた。

《新社会人となるのは、無理を強いるブラックバイトや大企業での過労ぶりを見聞きしてきた世代だ。職に就くにあたって胸にあるのは希望か、それとも不安だろうか》

 朝日は「ブラック」「過労」という言葉を入れてきた。ちゃんと若者に寄り添ってますよ、という体だが「胸にあるのは希望か、それとも不安だろうか」という部分はちょっと自分の表現に酔ってる。リベラルおじさんあるある。


今年も多くの新社会人が誕生した ©共同通信社

 同じ日の読売新聞「編集手帳」も、

《過酷な労働を強いられないか。長時間残業、不当な低賃金、パワハラ…働く環境が問われている。》と若者を心配しているのだが、4月11日にはこんな記事があった。

「新入社員 電話応対が関門」(読売)

 電話をかけたり受けたりすることに苦手意識を持つ若者が増えている、と。

《SNSでのコミュニケーションに慣れ、電話で会話をする機会が減っていることが背景にある。》からだ。

 昔ながらの電話機の扱いができるおじさんがここでは有利。読売おじさんの「アドバンテージ感」が行間から漂う。

 でも考えてみれば、電話機の扱いに不慣れなのは何も今年の新入社員だけではない。去年も、来年も、しばらく同じだ。つまりこれは「今どきの若者は…」と毎年書ける鉄板ネタなのである。きっと来年も似たような記事が出る。楽しみにしておこう。


電話が新人の関門 ©iStock.com

日経おじさんは「辞めない新人探せ」と企業にアドバイス

 そんななか「日本経済新聞」には、「就活解禁、スカウト・紹介…辞めない新人探せ」という記事があった(3月1日)。

「電話をちゃんととれるか」とネタにしてる読売おじさんをよそに、日経おじさんは早々と「新人は辞めるもの」という前提で企業側へのアドバイスを書いている。若者に関しては日経おじさんが一番シビアなのかもしれない。

毎年恒例の「新入社員のタイプ」のこじつけ感

 季節ネタと言えば、毎年3月に発表される「新入社員のタイプ」がある。公益財団法人「日本生産性本部」が、新入社員の特徴を例えて発表するアレ。これを各紙が報道する。

 今年は「キャラクター捕獲ゲーム型」。去年ヒットした「ポケモンGO」のことだ。

《スマホ片手に街を歩き回った就活風景が、かの人気ゲームを連想させたか。いわく、売り手市場でキャラ(就職先)は次々出てくるが、レアキャラ(優良企業)を捕まえるのはやはり難しい、と。》(中日新聞夕刊コラム・夕歩道・4月4日)


©iStock.com

 それにしてもこじつけっぽい。私は2年前にラジオ番組で「誰がどうやって決めているのか?」と「日本生産性本部」に聞いてみたことがある。すると「あくまで商品で例えるのは後付け。現在の大学4年生に関するデータを集め、キャラクターを絞り込み、最後に外部の8人の有識者が商品やモノで例える」という。

 でも過去には「消せるボールペン型」「ロボット掃除機型」や「形態安定シャツ型」というのがズラズラ。おじさんに届いたカタカナやモノに無理やり落とし込んでいる気がする。

 なので、2年前の時点で「来年(2016年)はきっと“ドローン型”だろう」と番組で予想した。

《何かのきっかけですぐに落下(退社)するモロさがある。上司の操縦が大事》などの理由を勝手に考えた。

 すると昨年春に発表されたのは見事に「ドローン型新入社員」だったのである!

 正式な理由の一部はこちら。

《さらなる技術革新(スキルアップ)によって、様々な場面での貢献が期待できる。(略)なお夜間飛行(深夜残業)や目視外飛行は規制されており、ルールを守った運用や使用者の技量(ワークライフバランスへの配慮や適性の見極め)も必要。》

 私の適当な予想理由と大体同じ。やはり、おじさんにも届いた「新しい」を探せばよいのだ。

来年の「新入社員タイプ」は……

 ということで来年3月に発表される新入社員型を予想しておく。

 ズバリ「AI型新入社員」だろう。「仕事は抜群にできるがコミュニケーションをとるのがまだまだ」というような理由がつくはずだ。新聞各紙が待ってましたとばかりに報じそう。

 そもそもこれをやり始めた理由を「日本生産性本部」に尋ねると「入社式にこのフレーズを使ってくれるように」「新入社員と話すキッカケに」と言っていた。おじさんによるおじさんのための若者ネタなのだ。

 来年の春がもう楽しみだ。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「新社会人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計文書の流出元を議員が暴露

    和田政宗

  2. 2

    経産省若手提言はなぜ炎上したか

    PRESIDENT Online

  3. 3

    退職勧奨を受けたら取るべき対応

    三浦義隆

  4. 4

    加計問題「ご意向は本物」の証言

    文春オンライン

  5. 5

    英テロ事件にまつわる大きな謎

    BBCニュース

  6. 6

    英テロ 現地市民語る恐怖と決意

    木村正人

  7. 7

    安倍首相は国会でヘイトスピーチ

    菅直人

  8. 8

    45歳までは何にお金を使うべきか

    後藤百合子

  9. 9

    「TV観ないからバカ」発言に驚愕

    キャリコネニュース

  10. 10

    文春が見た眞子さまの王子の素顔

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。