記事

金正恩氏を「幼稚園児」呼ばわりし始めた北朝鮮の軍人たち

金正恩氏

北朝鮮の軍の一部に、金正恩党委員長をあからさまに嘲笑する風潮が生まれているという。これを受けて当局が検閲(監査)に乗り出し、複数の幹部が逮捕されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

人間を「ミンチ」に

黄海南道(ファンヘナムド)の情報筋によると、朝鮮人民軍の第2軍団で、一般の兵士はもちろん幹部の間でも、金正恩氏を侮蔑する発言が横行しているという。

金正恩氏のことを「幼稚園児」呼ばわりするのが当たり前で、ほかにも様々な悪口が使われており、祖父の金日成主席と父である金正日総書記と合わせたぐらい暴虐だと言う意味で「チェゴプ・キム」(キムの2乗)と呼んだりするなど、言いたい放題だとのことだ。

(参考記事:金正恩氏の「ブタ工場視察」に北朝鮮庶民が浴びせる酷い悪口

第2軍団といえば、軍事境界線にほど近い黄海北道(ファンヘブクト)の平山(ピョンサン)郡に本部を置き、米韓軍の正面で中部戦線を担当する部隊だ。総参謀長や人民武力部長(国防相)を歴任した金格植(キム・ギョクシク)氏が軍団長を勤めていた1990年代中盤には、「白頭山虎部隊」と呼ばれるほどの精強さで知られていた。

しかしその後、正恩氏は人事をテコに軍を統制する目的からか、指揮官を頻繁に交替させるようになる。その悪影響で、部隊を掌握できない指揮官の下で軍紀がゆるみ、今では「馬賊団」と呼ばれるまでに落ちぶれてしまった。

事件の報告を受けた軍総政治局は、あまりの事態に驚愕しながら、軍保衛部(秘密警察)に命じて大々的な検閲(監査)を行わせたという。その結果、複数の軍幹部とその家族が逮捕された。

正恩氏を軽んじたがために「ミンチ」にされ処刑された玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)前人民武力相の例を考えると、逮捕された人々も重罰を免れないだろう。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

青くなっているのは他の軍団の幹部も同様だ。

両江道(リャンガンド)の別の情報筋によると、第2軍団に対する集中検閲が行われたことを受け、第10軍団内部でも大騒ぎになっているという。戦闘指揮官や政治将校たちは軍団の保衛部と緊密に接触し、軍紀粛正の相談をしているもようだ。同様の事態を放置したならば、第10軍団の幹部も一斉にクビが飛ぶことになりかねないからだ。

指揮官も政治将校も、これまで自分たちが口にしてきた正恩氏に対する悪口を隠蔽するのに必死だ。また、一般の兵士たちに対しては、政治学習と生活総和(総括)のノートを完璧に整理し、きたるべき検閲に備えよと指示している。

幹部たちはまた、かつての「6軍団事件」のことを思い出し、恐怖に震えているという。

この事件は、第6軍団の政治委員(少将)が1995年、クーデターにより金正日政権を打倒しようとしたが発覚したというものだ。少なくとも幹部40数人が処刑され、家族はすべて収容所送りになり、6親等内の親戚まで処罰の対象とされた。

ほかにも、旧ソ連留学組の数百人が粛清された事件も起きている。

(参考記事:同窓会を襲った「血の粛清」…北朝鮮の「フルンゼ軍事大学留学組」事件

北朝鮮の軍人にとっては米軍の航空母艦などよりも、正恩氏の方がよほど恐ろしいのかもしれない。それにもかかわらず「幼稚園児」呼ばわりする風潮が生まれているのならば、有事に際し、北朝鮮の軍が正恩氏に本当に忠誠を尽くすかどうか、大いに疑問と言える。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  2. 2

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  3. 3

    相模原殺傷 被告の事件への認識

    篠田博之

  4. 4

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  5. 5

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  6. 6

    地方議会 市議の58%「兼業前提」

    高橋亮平

  7. 7

    牛乳石鹸のCMに感じる15の違和感

    松井博

  8. 8

    読売が突然 岸田氏の存在を強調

    NEWSポストセブン

  9. 9

    小池知事「AI」発言のブラックさ

    文春オンライン

  10. 10

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。