記事

インバウンドよりは国内旅行

どちらかということではなく、どちらを重視して考えたほうがいいかの話です。観光と言えば、学芸員は、観光マインドがなく「がん」だと筋違いというか勘違いの発言をした大臣がいましたが、まずは大臣の質の劣化のほうが心配です。

さて、中国人観光客の怒涛の爆買いによる神風も一息つき、また海外からの訪日旅行者数の伸びも鈍化しはじめています。

2012年から始まった訪日旅行者数の伸びは、2015年の対前年47.1%増をピークに、昨年は21.8%増となり、今年にはいって、さすがに1月は24%増でしたが、2月7.6%増、3月9.8%増と一桁台に落ち着いてきました。

ところでこれまで海外旅行者数の急増で、インバウンド市場が注目されるようになりましたが、国内旅行市場と、どちらのほうが規模が大きいと思われますか。

旅行者数ですが、海外からの旅行者は、昨年が2400万人でした。
一方の国内旅行者数は、観光庁の調査によると、日本人の2015年の国内延べ旅行者数は、6億0,472万人(前年比1.6%増)でした。宿泊旅行が3億1,299万人(前年比5.3%増)で、日帰り旅行が2億9,173万人(前年比2.1%減)とだそうです。
旅行・観光消費動向調査平成27年年間値(確報)について | 観光庁 : 

人数で規模が違います。日本人国内旅行消費額は20兆4,090億円で前年比10.8%増ということで、直接比較できないものの、インバウンド消費は2015年には、1.5兆円規模となり、百貨店や家電量販が特需に湧きましたが、2016年には1.3兆円に落ちています。

つまり、外国人観光客の増加は、それが刺激となって、観光市場の押上効果や、また観光を切り口とした地方の活性化の促進剤となったとはいえ、本命はやはり国内旅行需要のほうです。

 08
2017年以降はどうなの!? インバウンド市場動向予測を発表 | 民泊専門メディア Airstair : 

かつては暴動もあった大阪あいりん地区に隣接する新今宮に星野リゾートが進出することが話題になっていますが、ターゲットはやはり国内の旅行者だそうです。関空からのアクセス、大阪市内へのアクセスを考えると立地としてはいいのではないでしょうか。

結構、日帰り旅行や小旅行の機会が多い方だと思いますが、昨今、感じるのは、地方で自力で観光価値をあげ、観光需要を取り込むためのチャレンジがおこってきていることです。

また観光立国としての価値は、外国人観光客にも配慮しつつ、しかし国内の旅行者が実感できる「価値づくり」を考えないと、「本物の体験」は生み出せず、結局は外国人観光客にも飽きられてしまうことになりかねません。

あわせて読みたい

「観光産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  8. 8

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。